【芸能】のん出演 「この世界の片隅に」ヒット導いた3つの非常識とは?

スポンサーリンク


注目ラインナップ
注目ヘッドライン
Pocket

11月12日に公開されたアニメ映画「この世界の片隅に」(片渕須直監督)が、ヒットを記録しています。一時は完成さえ危ぶまれるような窮地を救ったのは、インターネット上で小口出資者がお金を出し合う「クラウドファンディング」。そこには、業界の方程式を打ち破った「3つの非常識」がありました。(朝日新聞社会部記者・ 後藤遼太)

【画像】笑顔からシリアスまで…「のん」さん七変化 「能年玲奈」時代の姿も

【1】公開してから客足増える

 映画は、こうの史代さんの同名漫画が原作です。舞台は戦前から戦中、戦後にかけての広島や呉。主人公の北條すずとその周りの人たちが、迫り来る戦争に脅かされながらも日々の暮らしを生きて行く姿を、綿密な時代考証をもとに淡々と描いています。主人公の声を演じたのは、能年玲奈から改名した女優のんさんです。

 公開当初の上映規模は63館と、ヒット街道を邁進中の「君の名は。」の6分の1ほどに過ぎません。通常、映画は公開直後が客足のピークで徐々に減っていきます。ところが、「この世界の片隅に」は客足が衰えず、1、2週目に動員ランキング10位を記録すると、3週目には6位、4週目には4位に上昇しました。

プロデューサーの真木太郎さんは「時間が経つごとに客が増えるなんて、業界の方程式には乗っていないね」と驚きます。しかも、1~3位は「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」など、いずれも公開規模が300館前後の映画です。年末年始にかけて、公開館数は累計195館まで伸びる予定といいます。

スポンサーリンク


【2】前作の成績に縛られず

 「この世界の片隅に」の映画化構想は、2010年にスタートしました。ところが、早くも資金繰りで壁にぶつかりました。

 13年に制作に参加した真木さんは「片渕監督も原作者のこうのさんも、コアなファンはいるけど、映画としては決して派手では無い。テレビ局や配給会社の腰が重かった。1年半くらい営業を続けたんだけど、いい返事が無くて」と振り返ります。

一時は、ウェブ上で毎日配信する手法も考えたそうですが、結局挫折したといいます。

そんな時、真木さんが耳にしたのが、インターネットで小口出資者を募るクラウドファンディングで約1400万円を調達した映画「ハーブ&ドロシー2 ふたりからの贈りもの」のうわさでした。

監督は真木さんの元部下の佐々木芽生さん。手法を学んだ上でクラウドファンディングを検討しました。15年3月から2カ月間、2千万円を募ったところ、8日間で目標を達成し、2カ月間で3374人から目標額の2倍近い約4千万円が集まりました。この資金で5分間のパイロットフィルムをつくり、企業などへのプレゼン材料として制作費を調達しました。

「見た人を泣かせるほどパイロットフィルムの出来がよかった。更に大きかったのは、『これだけ応援する人の熱量があるんだ』ということを、クラウドファンディングで示せたこと。それがアピールポイントになり、段々お金が集まった」と真木さんは話します。

一方、「クラウドファンディングがうまくいっていなかったら、一体どうなっていたんだろう」ともこぼします。

片渕監督は「前作(09年公開の『マイマイ新子と千年の魔法』)の初動実績が悪くて今回の企画が興行的に危ぶまれたが、クラウドファンディングがそれを打破してくれました。『こういうものが当たる』という既存の価値観に対し、観客側から『そんなことはない。こういうのも応援したい』と支持してもらえた意味が大きかったと思います」と語ります。

映画評論家の町山智浩さんは「今のシステムでは、新機軸の作品とか、原作が売れていないような作品は、リスクが高いからお金が集まりません。この映画の成功は、過去の成功例に縛られるマーケティング主導の映画づくりに対するアンチテーゼだと思います」と指摘します。

【3】宣伝費なくてもSNSで拡散

 大手配給会社も関わらず、都心のミニシアター中心の上映。真木さんは「制作費は比較的低予算の2億5千万円。公開規模が63館だと、宣伝費から言ってもテレビ広告は出せない。元々監督が手弁当でやっていた自主映画みたいなものだから」と苦笑します。それでも、ツイッターなどで口コミが広がって支持が拡大しました。

 「こうのさんの原作漫画のファン」という広島市の友川千寿美さん(64)は、知人らと3万円を出資しました。

「監督が何度も夜行バスで広島に取材に来ているのを見て応援したかった」といいます。「全幅の信頼を置いていたけど、できあがったら想像をはるかに超える映画でした。」と喜びました。

友川さんのような、出資者がSNSで盛んに映画の存在を広めたのです。

著名人も後押ししました。「機動警察パトレイバー」などで知られる漫画家のゆうきまさみさんも、出資者の一人です。実は、監督と面識も無く、原作も読んではいませんでした。「でも、こうのさんの『夕凪の街 桜の国』は読んでいたし、片渕監督の過去作『アリーテ姫』『ブラックラグーン』のファンでした。作り手への信頼があったんです。いい作品になると確信できたし、できあがる作品を是非見たかった」と話します。

更に、「少しでも興味を持ってもらいたい」と、約13万人のフォロワーがいるツイッターアカウントで、何度も映画を推薦しました。

映画のエンドロールでは、一定額以上の出資者の名前が字幕で流れました。また、公開後に「海外上映を盛り上げるため、片渕監督を現地に送り出す」とクラウドファンディングで資金を募ると、わずか11時間で目標額を達成。2日間で目標の2倍超の約2600万円が集まりました。

存在感増すクラウドファンディング

 米国生まれのクラウドファンディングが日本に上陸したのは11年3月でした。東日本大震災直後に、国内最大手のプラットフォーム「READYFOR(レディーフォー)」などが立ち上がり、多くの被災地支援事業などで資金を調達して注目されました。

 市場調査を手がける矢野経済研究所(東京)によると、国内の市場規模は15年度で前年度比68%増の約363億円に上り、16年度も32%増の約477億円となる見込みといいます。最古参のレディーフォーでは累計調達額が5年で32億円に達しました。今年、レーザー加工機の販売プロジェクトでは、歴代最高額の6115万円を記録しました。

認知度も上がっています。お笑いコンビのキングコングの西野亮廣さんは、クラウドファンディングで1千万円以上を集めて絵本「えんとつ町のプペル」を執筆しました。更に、絵本の個展を無料で開催するために、クラウドファンディングで約4600万円の調達に成功しました。

今年のスイス・ロカルノ国際映画祭の国際コンペ部門で受賞した富田克也監督の「バンコクナイツ」も、クラウドファンディングで制作にこぎ着けた映画です。芸術分野に特化したプラットフォーム「MotionGallery」で1130万円を集め、2年に及ぶリサーチと撮影が可能になりました。

モーションギャラリー代表の大高健志さんは「俳優が無名だったり制作期間が長かったり、これまでお金を集めにくかった作品を世に出せるようになりました」と分析します。「クラウドファンディングの出資者はファンのコミュニティーをつくり、拡散力も強い。こうしたファンに後押しされ、芸術分野の表現の幅が広がっています」と話します。

一方で課題もあります。レディーフォー広報の大久保彩乃さんは「大手以外にも新しいサービスが乱立してきて、ノウハウの蓄積などもバラバラだ」と指摘すます。「利用者の間には『お金を持ち逃げするのでは』という心配も依然としてあります。資金調達を始める際の審査にもばらつきがある。業界で共通のルール作りが必要になってくるでしょう」と話します。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20161210-00000002-withnews-ent


スポンサーリンク


名無しさん
2016/12/11 08:03
映画見ればわかる。
純粋に素晴らしい映画だった。
名無しさん
2016/12/11 08:40
良作の証明。
事前の過剰な宣伝や、特典商法無しでここまで伸ばしたのだから。
名無しさん
2016/12/11 08:49
作り手の真摯な思いが素晴らしい縁を引き寄せ素晴らしい映画にしたのかも。
日常の大切さというか、家事に手間をかけたくも毎日毎日忙しく、手間無く美味しく慌しくな自分に気づかされる人、多かったのでないかな。
この映画に。
名無しさん
2016/12/11 08:51
“嫌味を言わなきゃ気がすまない病”ばかりのヤフコメで珍しく気持ちのよいコメント
記事もコメントも鑑賞したいって気持ちにさせてくれた
ありがとう
名無しさん
2016/12/11 09:02
映画黄金期に育った年代から見ると資金調達で苦労してますな。巨額の興業収益上げる(主役は自宅敷地にボーリング場保有!)メジャー6社(大映、東宝、新東宝、松竹、東映、日活)世界にも輸出。現代ではディズニーでもIT企業買収して先行投資している、目先だけでは6社と同じ倒産か衰退しかない。
名無しさん
2016/12/11 09:04
2016年はアニメの年だったなぁ
名無しさん
2016/12/11 09:10
見応えのある映画だった
名無しさん
2016/12/11 09:13
ね、いい映画でしたよね
もっと広くメディアで取り上げられてもいいと思う作品なのに
名無しさん
2016/12/11 09:42
見終わってからの白米の美味さよ
名無しさん
2016/12/11 09:58
この記事、映画そのものよりクラウドファンディングの評価。
名前を紹介されただけで、ひとこともふれられなかった、元女優のんの
信者の必死すぎるヤフコメが笑える。
「ヒットしたのは、のんの声のおかげ~~」
はいはい(笑)
のんちゃんは今、あいかわらず被災地にたかって、物産販売の
仕事もらってるから喜べよ。
元事務所の圧力なんて被害妄想だったのだから安心しろよ。
名無しさん
2016/12/11 10:28
のんちゃんの持ってる力は元の事務所のプロモ妨害工作にも負けなかった
名無しさん
2016/12/11 11:01
ヤフーの表題が「のん」で「非常識」だから、またなんか卑劣な悪行をやらかとしたかと思った(笑)
内容は、のんにはふれておらず興行戦略についてだね。
しかし、ヒットといってもアニメなのにいまだに興収は5億円超えるかどうかの低レベル。
公開館数は今も増え続けているのに動員は伸びていない。
いまだに大きく動員伸ばし続ける興収200億円突破の
「君の名は。」との格差は名実ともに圧倒的な開きがある。
片隅は190館のころには空箱ばかりになるよ。
名無しさん
2016/12/11 11:14
記事がおかしいと思ったら、やはり、朝日新聞記者だったか。
それを言うなら「3つの奇跡」でしょうに、「3つの非常識」って
非常識な記事ばかりが書いているからそうなる。
名無しさん
2016/12/11 11:30
クラウドファンディングは
配当を分配するものが伸びれば
もっと活用されるのではと思う
名無しさん
2016/12/11 12:49
シンゴジラも君の名はも見た。みてよかったと心から思えたいい映画だった。
先日、この世界の片隅でを見た。
エンドロールが終わってもしばらく椅子から立ち上がれなかった。今まで生まれて初めてのことでした。
何故そうなったのか自分でもまだ整理できていないが、生涯の記憶に残る時間になった。
もう一度見たい気もするし、もう二度と体験したくないような気もする。
ハッピーエンドとかバットエンドとかそういう次元ではない。
軽々しい言葉で我ながら閉口するが、体感したという感覚に近い。
某氏が語っていた「終わってからが長い映画」という言葉を実感しました。
何か人生の大事な持ち物をひとつ渡された気がします。
一人でも多くの方に見て頂きたい傑作です。
名無しさん
2016/12/11 07:44
NHKでも何回も取り上げられてたからね。
「日常」とか、優しさとか、ごく普通のことに逆に新鮮さがあるのでは。
名無しさん
2016/12/11 09:58

名無しさん
2016/12/11 10:57
ヤフーの表題が「のん」で「非常識」だから、またなんか卑劣な悪行をやらかとしたかと思った(笑)
内容は、のんにはふれておらず興行戦略についてだね。
しかし、ヒットといってもアニメなのにいまだに興収は5億円超えるかどうかの低レベル。
公開館数は今も増え続けているのに動員は伸びていない。
いまだに大きく動員伸ばし続ける興収200億円突破の
「君の名は。」との格差は名実ともに圧倒的な開きがある。
片隅は190館のころには空箱ばかりになるよ。
名無しさん
2016/12/11 11:34
この記事、映画そのものよりクラウドファンディングの評価。
名前を紹介されただけで、ひとこともふれられなかった、元女優のんの信者の必死すぎるヤフコメが笑える。
「ヒットしたのは、のんの声のおかげ~~」
はいはい(笑)
のんちゃんは今、あいかわらず被災地にたかって、物産販売の仕事もらってるから喜べよ。
元事務所の圧力なんて被害妄想だったのだから安心しろよ。

スポンサーリンク


名無しさん
2016/12/11 12:24
クラウドファンディングにしたのも、片渕監督が貯金を使い果たし
一家4人の1回の食費が「100円」にまで追い込まれたのも理由。
それで得た資金でパイロットフィルムを作り、スポンサーに
見せた。スポンサー側も「こんなに反響があるなら」と資金提供
を決めて、ようやく、制作に取りかかれ、完成したが、それでも
資金面で30分の映像制作を削るしかなかったと言う。
今の作品で資金が確保されたら「完成版」を完成させたいと言う。
今、上映されているだけでも大傑作なのに、完成版を完成させたら
空前絶後の作品になるだろうね。
この作品はアニメ映画どころか日本映画史に残る名作になる。
名無しさん
2016/12/11 13:00
声優で話題作りしたのも良かったと思う
名無しさん
2016/12/11 13:15
せっかくの記事に、みにくい自説をかざして喜んでる人って・・・。
名無しさん
2016/12/11 08:15
これやっと新宿で観たけど、本当に本当に良かった。
名無しさん
2016/12/11 10:25
おらも新宿で見たいっぺー(((o(*゚▽゚*)o)))
名無しさん
2016/12/11 11:36

おらは田舎で観たけど、客はおらだけで不気味だったで~

(;゚Д゚)

名無しさん
2016/12/11 13:28
近所に上映館が無いので、マンガで見たけど、一つ役に立つ事があった。
戦時中、服に、住所、氏名、血液型を書いた布を縫い付けていた。
こうしておけば、殺された時、だれの死体か分かる。生きていれば、輸血も出来る。
昨日、速報が流れて、宮古島付近で空自と、中国の戦闘機で何かあったらしいけど、日中戦争が始まったら、さっそく、名札を服に縫い付けます。
名無しさん
2016/12/11 08:26
がんばれ、のん
名無しさん
2016/12/11 09:47
ニュースで見たがのんの声良かった。
良くある俳優の初声優特有のわざとらしさが
無く逆に自身の良さが出てたと思う
名無しさん
2016/12/11 09:59
この記事、映画そのものよりクラウドファンディングの評価。
名前を紹介されただけで、ひとこともふれられなかった、元女優のんの
信者の必死すぎるヤフコメが笑える。
「ヒットしたのは、のんの声のおかげ~~」
はいはい(笑)
のんちゃんは今、あいかわらず被災地にたかって、物産販売の
仕事もらってるから喜べよ。
元事務所の圧力なんて被害妄想だったのだから安心しろよ。
名無しさん
2016/12/11 10:42
…と反社会的勢力系芸能事務所レプロの人が仰ってます
名無しさん
2016/12/11 08:29
本当に素晴らしい映画だった
ただ、それ故に大手マスメディアが「のん」さん絡みのしがらみでまったく報道しようとしないのが至極残念に思える
名無しさん
2016/12/11 08:40
逆に結構報道している方だと思うけれど?本来この規模の映画なんて公開前に取りあげられることもないけれどのんさん絡みで公開前から話題にはなっていたし
名無しさん
2016/12/11 09:59
この記事、映画そのものよりクラウドファンディングの評価。
名前を紹介されただけで、ひとこともふれられなかった、元女優のんの信者の必死すぎるヤフコメが笑える。
「ヒットしたのは、のんの声のおかげ~~」
はいはい(笑)
のんちゃんは今、あいかわらず被災地にたかって、物産販売の
仕事もらってるから喜べよ。
元事務所の圧力なんて被害妄想だったのだから安心しろよ。
名無しさん
2016/12/11 10:20
宣伝してましたよ
名無しさん
2016/12/11 10:54
日本テレビだけ、紹介してないぜ。
アニメ映画に理解の強い局なのに不自然だぜ。
川島海荷がZIPに居るのが原因だと思うぜ。
名無しさん
2016/12/11 11:28
キー局で報道したのは、
公開前NHKでのんさん込み
ヒットしてから
フジ、テレビ朝日
こちらはのんさんなし
NHKは更に2回
あさイチではのんさんの名前あり
TBSはブランチでいつもやるランキングでは流したけど特集なし
名無しさん
2016/12/11 13:36
なあ、日本テレビだけ完全に無視だぜ。

スポンサーリンク


名無しさん
2016/12/11 08:45
今までいろんな映画評論を見てきたけど、この映画ほど絶賛されるものは少ない。
少ないというか初めての気がする。
名無しさん
2016/12/11 08:06
能年の声も、すごかった。
すずさん、そのものだった。
年末の忙しい中ですが、二回見に行きました。
名無しさん
2016/12/11 08:55
良い意味での非常識だよな。
本当に素晴らしい映画だった。
名無しさん
2016/12/11 09:19
とても良い映画だ。
名無しさん
2016/12/11 08:08
間違いなく1800円の価値はあった。
ただの戦争物じゃないただアニメ化しただけじゃない素晴らしい作品でした。

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です