【秘話】真田丸 ラストシーンの裏話を脚本・三谷幸喜が暴露

スポンサーリンク

注目ラインナップ
注目ヘッドライン
Pocket

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)が、12月18日の放送で最終回を迎えた。

「真田丸」は、戦国武将・真田幸村(信繁)の生涯を、三谷幸喜脚本・堺雅人主演で描いてきた。

【写真を見る】三谷幸喜は最終回の鍵を握った人物として近藤正臣演じる本多正信を挙げた

最終回ではスピンオフに登場した「ダメ田十勇士」の面々がついに本編に登場するなど、最後まで小ネタも回収しながら物語が進行。

だがもちろん、メインは幸村と徳川家康(内野聖陽)の最終決戦の行方だ。家康の首を狙い、その本陣に突き進む幸村。これは、初回冒頭と同じシーン。

堺は、最終回前のインタビューで「ここまで演じてきた分、向かうべき家康の姿もはっきりしていて、そこに至るジグザグのルートもしっかり見えている。すべてが具体的になった」と明かし、「情緒やしみじみした思いはどんどんなくなり、実務者の顔になっていった気がします」と語っていた。

スポンサーリンク


やがて実務者・幸村により家康は追い詰められ、若き日の“伊賀越え”を思い起こさせるような逃亡を見せる。しかし、幸村が家康を射程に捉えたとき、すでに戦局は変わっていた。

馬上筒を構える幸村と、覚悟を決める家康。そこへ将軍・秀忠(星野源)が到着する。決定機を逃した幸村は、佐助(藤井隆)と共にその場を脱出するが、二人は命運が尽きたことを悟る。

ラストでは、大坂から江戸に戻る信之(大泉洋)と、道中で一緒になった本多正信(近藤正臣)にカメラが向く。二人が語り合っているところに、大坂城落城の知らせが届き、正信と別れた信之は、ふたたび歩みを始める。弟と対照的な生き方を選んだ信之が、生き延びて真田家をつないでいく姿を予感させるものだった。

実は、三谷はインタビューで、このラストシーンについての秘話を明かしていた。

以前から近藤のファンだったという三谷は、「近藤正臣さんが演じられることで、本多正信にすごく人間味、深みが出てきて、どこかで『真田丸』は正信で終わるんじゃないか、とふと思ったんです」と振り返る。「正信が信之に何か影響を与えて、信之が信濃松代藩の礎を築くことにつながる…そんな想像から段々、最終回のラストシーンが見えてきた」と言うのだ。

こうして、幸村の死を描くだけでなく、真田家の未来を予感させる最終回が生まれた。

三谷は、「近藤さんが正信を演じられたから見えたことで、そうでなければ僕はこういう結末にしなかったと思うんです。僕は元々近藤さんが大好きで、大河ドラマでも『国盗り物語』(’73年)の明智光秀と、『黄金の日日』(’78年)の石田三成は強烈に印象に残っているので、近藤さんに最後を締めてもらえたのはすごくうれしかったです」と喜びを語っていた。

そんな三谷は、「まだ(大河への)恩返しが足りていない」と今後の大河執筆に意欲を見せ、堺も「(次の作品を)すぐにでもやりたい。九度山のスピンオフでも」とこちらも準備万端の様子。

二人の、そして名演を見せた数々の俳優たちの次回作が待ちきれないところだが、まずは12月24日(土)昼1時5分からの最終回再放送、そして12月30日(金)昼0時15分からの総集編(いずれもNHK総合)で「真田丸」の余韻に浸ろう。

引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161218-00000055-the_tv-ent


スポンサーリンク



名無しさん
2016/12/18 22:10
悲しいけど悲しいだけじゃない、素晴らしい最終回になったと思います。三谷さんお疲れ様でした。
名無しさん
2016/12/18 23:04
茶々や秀頼、大助や幸村の死んだシーンを描いていない。俺は鹿児島落ち延び説を取らせていただく。
秀忠が千を迎え入れた際、史実では烈火の如く怒り散らしたとか。真田丸では優しく迎え入れた。豊臣を許したんだよ。
名無しさん
2016/12/19 01:29
いい最終回でした。
1年間の集大成、積み上げてきたものがあり、見る人それぞれの思いもあるので賛否両論はあるだろうが、いい着地だったと思います。
名無しさん
2016/12/19 08:53
>茶々や秀頼、大助や幸村の死んだシーンを描いていない。
まさか一切描かないとは予想しなかったな
賛否はあるけど、見てる人に想像させるため、ってところだろうね
名無しさん
2016/12/19 12:28
最後は信之。家康じゃないけれど、「重荷を負うて、遠き道を行くがごとし」な終わりでした。
それにしても、あの家康の逃げっぷりと、その後の信繁に対する啖呵を切るシーンのギャップの凄さよ!
敵役が見事だと、ここまで楽しいものなんですね。
名無しさん
2016/12/18 22:22
楽しかった。
秀吉好きだけど今回ほど家康が負けてほしいと思った大坂の陣はないよ。
名無しさん
2016/12/19 10:29
内野聖陽の悪役ぶりが新鮮だったなぁ
何気に星野源秀忠がラスト2回でカッコよくなったのも面白かった
名無しさん
2016/12/18 22:17
ラストシーンはそんな秘話があったんですね。まさか、佐久間象山が信之の班だったなんて…最後まで歴史の連続性を考えさせてもらう大河ドラマでした。
名無しさん
2016/12/18 23:06
しかし、象山先生も暗殺されんだよな、確か京都で(;´д`)
名無しさん
2016/12/18 23:58
うちの先祖はそんな象山先生のもとで働いてました
名無しさん
2016/12/19 00:12
まーた真田か︎ってあの世で家康が。
名無しさん
2016/12/19 01:36
そして、終戦直前の松代大本営、エヴァンゲリオンの松代第2新東京市へと続く。
名無しさん
2016/12/19 05:49
偉大な先人達の足跡に思い馳せ、今を生きるおのおのがた本日も抜かりなく。
名無しさん
2016/12/19 06:43
>佐久間象山が信之の班だったなんて
佐久間象山が惨殺された時松代藩は佐久間象山の背中に切り傷があったから敵に後ろを見せた、武士に非ざる行為やという理由でお家断絶処分にしたんや。ドラマの真田信之のイメージは松代藩には無かった。
名無しさん
2016/12/19 07:32
杏も三谷もみなもと太郎「風雲児たち」のチルドレンということやね。
名無しさん
2016/12/19 09:05
幕末期を主導した薩長土肥も西軍だったし、明治政府は関ヶ原の雪辱の上にあるって話もあるんだよね。

スポンサーリンク


名無しさん
2016/12/19 09:08
歴史って業の深さの積み重ね。。
名無しさん
2016/12/19 09:10
毛利家では新年の挨拶は家臣から、殿!倒幕は!?殿が時期ではない!と答えていたとか。
ついには倒幕かぁ、感慨深い。
名無しさん
2016/12/19 09:41
ただ佐久間象山は倒幕側ではないんだよな
話の流れ的に真田の末裔が徳川打倒としたいのはわかるけど
名無しさん
2016/12/19 13:34
班て・・・w
名無しさん
2016/12/18 22:45
戦っている源次郎を最後に見たきりの気持ちが切ない。
名無しさん
2016/12/19 01:25
確かに近藤さんの演技は流石だった。
にしても最後まで大蔵卿のババアめ…。
名無しさん
2016/12/19 02:06
あのババア…憎たらしくて
最高の演技でしたよ
名無しさん
2016/12/19 09:42
『なりませぬ!』
名無しさん
2016/12/19 12:35
『全ては豊臣の為じゃ!!』
とはいえ、ホントに最後の最後まで空回りだった……まさか、あの与左衛門(厨房の爺さん)を引っ張り出してくるとは思わなかった。
名無しさん
2016/12/19 13:35
空回りなのは片桐も一緒なんだけどね。
名無しさん
2016/12/18 22:13
終わっちゃったなぁ
三十郎の涙、内記、作兵衛の最期
観ていて切なかった
けど最後まで見続けてよかったと思っている
名無しさん
2016/12/18 23:14
三十郎のことを「小物」と言ったけれど目前の三十郎から目をそらさせて守ったのかなと考えると、胸が熱くなりました。
名無しさん
2016/12/19 00:04
良いシーンでした!
名無しさん
2016/12/19 00:53
畑で亡くなるのが作兵衛らしいなと思った。
名無しさん
2016/12/19 01:22
最後に三十郎の気持ちを確認して力でねじ伏せて、刀と槍を交えることによって永遠の別れを告げて去っていくシーンは一番感動した
兄の信之には永遠の別れを告げたから最後に兄にはこれ以上迷惑をかけないようにあえて信政の陣と戦って、信繁を慕い忠臣であった三十郎に会いにいった…
実際はどうかわからないけどとてもいいシーンだった
名無しさん
2016/12/19 02:05
最初から登場する側近の最期が
最後までていねいに描かれるのはいいね
なんか報われた感
名無しさん
2016/12/18 22:34
近藤さんの最後の演技。 然り気無く立ち去る時の表情が┅ 悟っていたことがわかり、信之への労りを感じた!正に名演技でした。
名無しさん
2016/12/19 08:47
「人の心を読む」達人でしたね。軍師としても当主としてもとても必要な要素であり、家康が天下を取ったのも正信の功績は大きいのでしょうね。秀忠の将来を案じて正信から学ばせるため参謀役につけたのでしょうね。時に憎らしいほどの古狸ぶりでしたが名優ぶりはさすがでした。後半の家康、秀忠、正信の3人のシーンは、敵側にも関わらず好きなシーンでした。
名無しさん
2016/12/18 22:07
近年の中でも特に良い大河ドラマでした
ラストにも絡んだ本多佐渡守に近藤正臣
序盤の熱演が光った真田昌幸に草刈正雄
この配役が特に好きでした
名無しさん
2016/12/19 08:46
歴史は決まってるのに、もしかしたら幸村勝つかも?と思わせられた。

スポンサーリンク


名無しさん
2016/12/19 08:05
希望のある清々しい終わり方だったと思う。
本当に走りきったって感じですね。
名無しさん
2016/12/19 01:00
こんなにいい心に刺さるドラマだったのに、
数字では家政婦のミタにも及ばないのか。
「記録に残る」より「記憶に残る」大河でした。
名無しさん
2016/12/18 23:27
毎週欠かさず見てました。本当に楽しい大河ドラマでした。最終回どうまとめるか、難しいと思ってましたが、旨くまとまってたように思います。キリの事もう少し詳しくやってもらいたかったかなぁ。先週詳しく話があったからかな。でも、スタッフの方々お疲れ様でした。
名無しさん
2016/12/19 00:57
飯炊きのオヤジ、大蔵卿さえいなければ!!
でも、負けたけど清々しい気持ちになりました。
名無しさん
2016/12/19 12:09
あの親爺はどう見ても怪しかったのにね。初&大蔵卿の和睦協議も…(>_<) あと、とどめの一発が大野治長の「ひょうたん持ち帰り(秀頼の馬印)」(>_<) あちこちに散りばめられたほころびの一つ一つが…ああもぉっ(>_<)
名無しさん
2016/12/19 09:12
賛否両論あるけど、自分は良いラストだと思った。信繁は義に生きた。信之は自分のすべきことを全うして真田を存続させた。未来ある終わりかただった。
名無しさん
2016/12/18 22:37
悲しい…でも信之の前を向いて歩く姿を見て不思議と清々しい気持ちになった。
名無しさん
2016/12/19 10:48
最後歴史覆して勝つかと思ったけど、そうも行かないですね。中々、家康も良かったですね。
名無しさん
2016/12/19 15:08
確かに、あくまでもドラマなんで史実を覆しても良かったよね~
ちょっと期待してたけど残念!
名無しさん
2016/12/19 08:51
ちょっと司馬遼太郎の「関ヶ原」へのオマージュもあったのかな?って気はするけど、戦い終わって最後に正信を持ってきたのは良いアイディアだったと思う
敵方の知恵袋であり、謀略を得意とした正信の治世者としての一面と、戦の世が終わって自分は用済み、とばかりに身を引く風情が平和な世が始まる事を暗示させた
名無しさん
2016/12/19 11:40
最後の正信出演はほんと驚いた。
けっきょくこの真田丸の筋書きを書いたのは
正信だったのかも、と思った。
最後豊臣親子の死をみとるのは「きり」かもと予想してたけど
真田兄弟のみていない事柄はいっさいカットという演出を
ここまで貫くとは思わなかった。
最後鈴木京香さんが諦観していて「あぁ終わったんだな」という感慨に耽りました。
最終回にすべて集約していく手法はお見事でした。
名無しさん
2016/12/18 23:40
出演陣みんな素晴らしい希有なドラマ。
これから家康や秀吉、景勝や直江を演じる人は大変だろうなぁ…
名無しさん
2016/12/19 11:43
家康、景勝はまだいろんな視点から演じられるけど
今回の直江兼続を超える演技はそうそう見られるものではないだろうね。
名無しさん
2016/12/19 15:09
直江カッコヨス
名無しさん
2016/12/19 09:18
ラストシーンに信之は分かるけど、なんで本多?と思ったけど、三谷さんが近藤さんのファンだったのね……。個人的には期待していたラストとは違うというかイマイチでしたけど、案外こういう静かな終わりのほうが「つわものどもが夢のあと」という無常観につながっていいのかな。
名無しさん
2016/12/19 12:30
結局歴史の通りになったけど、最後の最後まで、今回は初めて豊臣が勝つかもしれないとどこか信じていた。
名無しさん
2016/12/19 00:02
個人的には、仙台真田家で結んで欲しかったですし、家康と対峙したシーンもリアリティが無かったですが、それを含めて素晴らしい最終回でした!
名無しさん
2016/12/19 04:30
仙台真田家はその疑惑が識者によって完全に暴かれていますよ。
所有している家宝の甲冑も全国同時に複数箇所で有料展示していたのがバレたりしています。
スケートの織田信成くんと同じで根拠がない出自ですから。
名無しさん
2016/12/18 23:55
最後の終り方を見て、
最初はえっ?っていう感情が出てきたけど、
時間たって段々と、
「あっ、そうか、これは真田丸」
「真田一族の物語なんだ」
「だから、この終りかたでいいんだ」と思った。
最終回のタイトル付けるなら、
「物語」もしくは、「未来」かなぁって、
ありきたりな言葉が出てきたなぁ

スポンサーリンク


名無しさん
2016/12/19 07:50
確かに最後のシーンは感動した!
名無しさん
2016/12/19 08:19
台所の爺さんさえいなければ、、もっと早く豊臣側が勝利して歴史が変わってたかも。
爺さんの恨みの原因は秀吉、秀吉は自らの行いで後々の豊臣を滅ぼした訳ね。信繁は組織や上司に恵まれなかった人だったなぁ、遠い昔の話でも今に通じるものがある。
名無しさん
2016/12/19 00:05
こんなにも皆んなを引き込むなんて
真田丸ありがとう︎
名無しさん
2016/12/19 06:54
敗者の視点での大河ドラマ、心に刺さるものがある。
名無しさん
2016/12/19 08:47
スピンオフ見たい大河なんて初めてだわ
名無しさん
2016/12/19 02:01
作兵衛が奮闘の末に
畑の真ん中で大の字に逝くシーン
梅と住んだ故郷に帰ったみたいで
良い最期でした
名無しさん
2016/12/19 09:45
そうだなあ
神輿の担がれ方が下手だった秀頼だったので
うまかった頼朝の脚本を見たい気もします。
名無しさん
2016/12/18 22:54
綺麗に終わったなあ。早録のおかげもあるけど、人生初大河視聴皆勤賞だった。ロスが来るのかな?

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク