【感動】SMAP解散 香港のファンがバス広告を利用してメッセージ

スポンサーリンク

注目ラインナップ
注目ヘッドライン
Pocket

SMAPの解散発表、メンバーの動きや最後の出演について、香港でも日本同様に注目が集まってきたが、そのファンたちが12月20日、メッセージを込めたバス広告を九龍巴士(一九三三)(KMB)に掲出した。(香港経済新聞)

バスの車体側面の横型長方形のバナー広告を香港内を走る3台のバスで展開し、1月16日まで走る。香港島、油尖旺区を走るバスに広告が掲出されているが、「特定の路線ではなくランダムで走る」とKMB担当者は話す。ビジュアルは真っ白の背景に水色、ピンク、緑、黄色、赤の5つの星と「SMAP STAY」の文字に、「1991→2016→たったの50年、一緒に!We’ll be together.Yours ever」という25周年アルバムでファン投票1位に選ばれた「STAY」の歌詞が添えられた。ファンサイトによると、「今後どんな形で活動をしても、ファンはいつも通りに守ります!」というメッセージも込めているようだ。

スポンサーリンク


 香港では「日本語の勉強を始めたのはSMAPの話す内容を知りたいため」と答える人もいる。SMAP人気の原点を探ると、木村拓哉さんへの人気から派生してきたともいえる。1996年に日本で放送された「ロングバケーション」は2000年、香港でも無線電視(TVB)で放映されているが、この間にも、香港人はこぞって海賊版を購入し、木村さんを通してSMAPを知り、他のメンバーのファンになっていくパターンが多かった。香港で男性アイドルといえば劉徳華(アンディ・ラウ)、郭富城(アーロン・クォック)などグループではなく1人のケースが多かったため、香港人にとってはグループでのアイドル活動は新しく感じられたというのもある。世代が変わった現在でも、ジャニーズが日本を知る原点になっているケースも多い。

2010年ごろからは「SMAP x SMAP」などがダウンロード、視聴できるようになり、知名度をさらに上げ、確実にファンを増やしていった。香港でのコンサートは実現しなかったが、2011年に北京でのコンサートには香港からのファンの多くが参加したとみられる。

並行輸入でコンサートグッズを販売する会社では事前にコンサートグッズの予約を受けるなど、日本に行けなくても自分がコンサートに参加した気分を味わいたいと多くの人が旺角の店に通っていた。特に太子(Prince Edward)にある昔の聯合広場(Allied Plaza)には芸能人の生写真やアイドルグッズが購入できる小規模な店が多く集まっており、香港人にとって原宿のような位置付けだった。

90年代以降のエンターテインメントや日本のサブカルチャーは、視聴率をほぼ独占してきた無線電視(TVB)とそごうや大丸などの日系デパートによるところが大きい。香港の歌手による日本の曲のカバーが頻繁に行われ、ゲーム機器は日本と香港の距離を縮めた。TVBの制作能力で全ての番組を賄うことはできず、海外の番組も多く買い付ける中で日本のコンテンツは優良なコンテンツで、ドラマのみならずアニメの放送にも力を入れてきた。

今日の香港で、日本ファンの多さにSMAPが果たした役割は大きいという見方ができる。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161224-00000000-minkei-cn


スポンサーリンク



2016/12/24 01:58

日本だけの話かと思っていたけど海外の人までがSMAPの為に動いてくれるなんてやはりSMAPは偉大だな。

2016/12/24 03:45

これを知り、マジ感動しました。泣きそう。
SMAPを思う気持ちは国境を超えてるね。
名無しさん
2016/12/24 03:48
どこにでも一部の狂信者はいるもんだ。
名無しさん
2016/12/24 15:11
さすがにもうSMAP事件は賞味期限切れだろうと思っていたら、この手があったか 笑笑
名無しさん
2016/12/24 02:29
メリーとジュリーの個人的感情のために今年、どれだけの人が苦しみ泣いてるのだろうか?恐ろしい事務所!
名無しさん
2016/12/24 03:49
何を苦しんでるんだ不明。
名無しさん
2016/12/24 15:11
逮捕されたパククネ親友と、ジュリーおばさんの見分けがつかない
名無しさん
2016/12/24 15:11
さすがにもうSMAP事件は賞味期限切れだろうと思っていたら、この手があったか 笑笑
名無しさん
2016/12/24 15:15
メリー&ジュリーに読ませたい記事。
でも、読んだところで何とも思わないのかね?
もしそうだとしたら、人としておかしい。
名無しさん
2016/12/24 02:07
香港ありがとう。
名無しさん
2016/12/24 03:40
香港のSMAPファン、スゴイ。
嬉しい活動ありがとう!
メンバーに伝わるといいね。
名無しさん
2016/12/24 15:11
さすがにもうSMAP事件は賞味期限切れだろうと思っていたら、この手があったか 笑笑
名無しさん
2016/12/24 02:55
ファンの思い、ジャニーズの老害には届かないようですね。
メンバーだけでなく、ファンも見捨てるジャニーズは潰れた方が良いと思います。
名無しさん
2016/12/24 08:05
海外でもそんな動きが?!
ありがとう。
名無しさん
2016/12/24 02:52
これにはSMAPもびっくり

スポンサーリンク


名無しさん
2016/12/24 04:51
いかにジャニーズ事務所が無能なのか、わかりますね。人気があるのにまったくグローバル戦略しないで国内市場にしがみついて嵐も一時期人気があったけど、やはり海外でほとんどコンサートもしない。行かないではソッポ向かれます。その隙間にkpopが入り込んだわけです。
名無しさん
2016/12/24 06:14
海外にもファンがいることが確認できて良かったな
日本の戦略は間違っていたことが良く分かる、国内の市場が大きいから別に良いのではって所に寝首をかかれてしまった
名無しさん
2016/12/24 10:00
なんとも嬉しい話だね。香港だろうが日本だろうがファンの想いは同じってことさ。
頑張れSMAP!
名無しさん
2016/12/24 08:49
うわっ、素敵。
名無しさん
2016/12/24 08:15
香港ですよ!
本当にSMAPは偉大だ
他の国の方々まで今回の騒動を心配してくれた
国内の一つ事務所の内紛で素晴らしいグループが巻き込まれ、世界にまで影響したことを事務所としていい加減感じてもらいたい
名無しさん
2016/12/24 10:37
こんなに愛されてるグループ、今後現れるのだろうか…ほんとにやるせない。
名無しさん
2016/12/24 07:23
SMAPを、取り上げて、貰った香港に、感謝します。解散しても、SMAPに、変わるアイドルは、居ないから・・・
名無しさん
2016/12/24 15:11
これまでのファンの行動を見て事務所は何を思うのかね
名無しさん
2016/12/24 15:13
SMAPを思う気持ちが香港でも!嬉しい。SMAPのメンバーに届きますように。
名無しさん
2016/12/24 15:08
これは良い話ですね。ファンの思いが届かなかったジャニーズ事務所は許せませんね。
名無しさん
2016/12/24 15:15
ファンは神様です。
名無しさん
2016/12/24 02:20
ん”〜SMAPPPAP
名無しさん
2016/12/24 15:13
こういう形でありがとうを伝えるのも良いですね。素敵です。メンバーにもきっと届くはず。
名無しさん
2016/12/24 15:15
香港ファンのすごさに驚いた
ありがとうございます…
名無しさん
2016/12/24 15:15
香港ファンのすごさに驚いた
ありがとうございます…
名無しさん
2016/12/24 15:13
香港国ありがとうございます。
名無しさん
2016/12/24 15:15
なんで日本はこんな感じで終わるんだよなー。。。
名無しさん
2016/12/24 15:15
台湾の方々は純粋に応援してくれるファンです。
日本の一部、いわゆるスマオタストーカーとは品性がちがいます。
このようにそっと、遠くから温かく見守るのが真のファンだと思います。
来年以降は信頼してそれぞれの活躍に期待しましょう。
名無しさん
2016/12/24 15:09
4人で香港に御礼行脚に行っちゃいなよ!
名無しさん
2016/12/24 15:13
年末までは楽しそうですね~
年が明けたらみんな忘れて行くのにね…
新たなミーハーアイドルを見つけて!!

スポンサーリンク


名無しさん
2016/12/24 06:44
香港のファンも熱い!
名無しさん
2016/12/24 12:08
香港のファン
やるなー
思いは同じです
SMAPをこれからも
守り続けます。゚(゚´ω`゚)゚。
名無しさん
2016/12/24 15:11
さすがにもうSMAP事件は賞味期限切れだろうと思っていたら、この手があったか 笑笑
名無しさん
2016/12/24 14:49
親子唯一ケンカせずのグループはsmapですっと中国のネットでも見ましたよ

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク