【壮絶】入来祐作というプロ野球戦力外後の人生がヤバすぎる人ww

スポンサーリンク

注目ラインナップ
注目ヘッドライン
Pocket

今年も多くの選手がプロ野球界を去った。「戦力外通告」のわずか一言で、一瞬にして職を失う。そんな選手たちの野球人生最後の時をドキュメンタリーで描いてきたTBSテレビ「プロ野球戦力外通告~クビを宣告された男たち」が、今夜(12月30日)10時から通算13回目の放送を迎える。今年は本編にかかわるサイドストーリーを2回(「プロ野球『戦力外』あの松坂世代に訪れた現実」「26歳でプロ野球『戦力外』の男がつかんだ奇跡」)にわたって東洋経済オンラインで配信してきたが、本編放送直前の特別企画として、現在は福岡ソフトバンクホークスのコーチを務める入来祐作氏の挫折と転身を追う。

この記事の写真を見る

スポンサーリンク


入来祐作が厳しい現実を突き付けられたのは2008年のシーズン終了後。テスト入団で入った横浜ベイスターズを1年で戦力外になり、引退後の身の振り方を考えていたときだった。

「現役を終えて『うちでスカウトをやらないか』とか、『コーチをやってくれないか』とか、そういうふうに声を掛けていただくことができなかったんです。たしかに私は球団を転々としたので、どこも面倒を見る必要はない。最後の横浜も力になれずに1年間しかプレーしていませんし、戦力外と言われたらそれまでなんです」

1996年のドラフトで本田技研工業(ホンダ)から読売ジャイアンツを逆指名して1位入団。1年目から中継ぎの主戦として57試合に登板し、5年目の2001年にはチーム最多の13勝を挙げた。感情をむき出しにし、気合を前面に押し出した投球で2度の日本一にも貢献した。

■引退直後はなんのオファーもなかった

2004年からは北海道日本ハムファイターズでプレーし、2006年には夢を追ってニューヨーク・メッツとメジャー契約。メジャーに昇格は叶わないまま2年間の挑戦は終わりを告げたが、野球への熱い思いが冷めることはなく、テストを受けて横浜入団を勝ち取った。故障もあって期待されたような成績は残せなかったものの、36歳まで現役をまっとうした。

第二の人生も「野球に携わりたい」と考えていた。しかし、引退したらやってみたいと思っていたコーチどころか、なんのオファーもなかった。

入来が語った「反省」

 「いろいろな形でいくつかの球団の方にお願いもしたんですが、話すら聞いてもらえないような状態でした。そのとき、現役のときの自分の生き様が良くなかったんだなと、悔いました。自分勝手で、やめたときに誰かに助けてもらえるような姿ではなかったんだなと反省しました」

 真っ直ぐな性格ゆえに入来は現役時代、自分が正しいと思ったことには正直に行動してきた。それによって周囲や球団と衝突したこともあった。結果的に迷惑をかけてしまったときもあった。だが、個人事業主であるプロ野球選手は、まわりに迎合していてはなかなか成功を掴めないのも事実だ。

「そういう気持ちでないと戦えない部分はありますが、しっかりと対応している選手もいますから。個々の人間力ということだと思います」

困っている入来に手を差し伸べてくれたのは、横浜入団時の編成担当者の浅利光博氏だった。打撃投手の話を打診され、引き受けた。スター選手から裏方への転身。巨人の「ドラ1」のプライドは邪魔にならなかったのだろうか。

■「球界に残るにはその選択しかなかった」

「それまでの野球人生のプライドを保ったまま次の仕事があれば、そんなありがたいことはないんでしょうけど、球界に残るには、その選択しかなかったですからね。ただ、当然ですけど打撃投手は選手のときのように脚光を浴びるわけではない。それどころか目に留めてもらうこともない状況になる。こういうと生意気ですけど、ずっと注目してもらえる立場だったので戸惑うところもありました。頭ではわかっているんです。その状況を受け入れようともしている。でも、精神的なバランスを崩してしまった」

春季キャンプが始まり、なにごともなく新しい仕事をスタートしていた。しかし、開幕前あたりからストライクが入らなくなり出す。

きっかけはわからないという。「おかしいな」「これはマズいな」そう思い始めたときには、もう収拾がつかなくなっていた。ときには自分の足元にボールを叩きつけてしまうことさえあった。

「それまではボールを投げて自分を表現していたのに、今度はバッターに気持ち良く打ってもらわないといけない。そう思えば思うほどおかしくなるんです。うまくできないから焦りも感じる。『なんでこんなこともできないんだろう。俺はチームの中でなにも役に立っていない』と自己嫌悪にも陥りました。自信もなくなるから、またうまくいかなくて焦る。

悪循環でした。腕が縮こまってしまい、イップスになりました。全然、ストライクが入らなくなって、自分の存在価値が見い出せず、『俺、いてもいなくても変わらないやん』って。一般の会社でも窓際族というのがありますけど、それをテレビとか雑誌で見たりすると、俺と同じような感じなのかなと思ったり。自分がいなくなったらどうなるかなと考えたこともありました。鬱のような状態でした。やめたいなと思ったときもありましたけど、ほかに仕事もないですから」

クビを覚悟した

スポンサーリンク


 球界に残り続けたいとの一心で2年間、耐えた。しかし、2年目のオフに球団から呼ばれたときにはクビを覚悟していた。

 「イップスで迷惑ばかりかけていたので『せっかくお仕事をいただいたのに申し訳ありません』と頭を下げてやめるつもりで行ったのですが、『来年から用具係な』と。本当にありがたかったです」

その理由を自分ではどう考えているのか。「なんでですかね」と謙遜する入来に繰り返して問うて聞き出したのは「真面目にやっていたからなのかなと思います」という答えだった。

■誰かのために必死になって頭と体を動かした

打撃投手としてチーム、選手の力になれていないと痛感していた入来は、とにかく役に立てることを探した。打撃練習後のネットの片づけを誰よりも率先して行い、球拾いもほかの打撃投手の倍以上、拾い集めた。チーム全体をつぶさに観察して、この選手はいつもここで素振りをするからバットを置いておこう。自分ではなく、誰かのために必死になって頭と体を動かした。

選手時代とは対照的に、今度はその姿で次の道を切り開いたのだ。

「用具係はマネジャーと連携しながらやらないといけない現場では重要な役割なんです。用具の準備や管理だけでなく、チームの予算を考えながら必要な野球道具などを購入したりもします。非常に責任のある仕事です。そのポジションを任せてもらえたというのも嬉しかったです」

裏方に回ってからの入来は「感謝の気持ちがいかに大切か」という思いが強く育っていった。

「自分が置かれた環境や、関わった人たちに感謝する。人を大事にする。現役のときに1番欠けていたのはそういうところでした。プロ野球選手でいることにあぐらをかいていた。振り返ると本当に恥ずかしいです。でも打撃投手、用具係になってからは、与えてもらった場所で、誰にも迷惑を掛けず、誰かの役に立てるように一生懸命やって、無事に1日を終える。それで十分なんじゃないかなって思えるようになりました。

現役をやめてすぐはコーチになりたいと思っていましたが、それも年々、薄れていきました。夢や目標を持つことは大切ですけど、そればかり思い描いていると、そこに近づけていないときにモチベーションを上げられない。かえって辛くなってしまうこともある。世間でも子供に限らず、大人でもそれが見つかっていない人だっている。『目の前の1日を無事、過ごせた。ありがとう』それでいいと思うんです」

そして電話がかかってきた

 本人は「たまたま」だと話すが、人として成熟した入来に、コーチ就任の話が舞い込んだのは決して偶然ではないはずだ。入来を見ていてくれたのは福岡ソフトバンクホークスの監督になることが決まっていた工藤公康だった。

 「工藤監督から携帯にお電話をいただいたのは、2014年11月、ベイスターズの秋季キャンプの準備で行っていた奄美大島にいるときでした。工藤監督の電話番号を知らないので仕事関係の連絡かと思って電話に出ると工藤監督で、『今の仕事はそろそろいいんじゃないか。ユニフォームを着て一緒にやろう』と誘っていただきました。

本当に驚きましたね。工藤監督とはプライベートのつきあいもないですし、解説者時代にキャンプに来たときに挨拶をする程度。『今まで生きてきたことを、そのまま伝えてほしい』と言っていただたいので、裏方をやっているときの私を知ってくださっていたんですかね」


スポンサーリンク



■裏方時代に培った習慣が生きている

コーチ1年目は3軍で、2年目の2016年は2軍で投手コーチを務めた。裏方時代に自分自身が変化し、培った視野を広げる習慣が生きている。

「常に各選手の一挙手一投足を見逃さず、コミュニケーションを図って今、何を考えているのかを理解してアプローチを変えるようにしています。人を育てる難しさはすごく感じます。特にソフトバンクは選手層が厚いので1軍に上がるチャンスは多くないので、選手のモチベーションをどう上げてあげるか。

みんなアマチュア時代は、その地域で目立つ存在だったわけで、中には王様気分で入ってくる子もいますから。中心選手じゃなくなっても、プロで生き抜くために自分が機能できる場所を見つける。スタイルであったり、自分がいかに変われるかだったりも大事になってくる。プロ野球に限らず自分を変えるということはチャレンジですから難しいところではありますが手助けしていきたい」

選手時代には経験することのなかった苦労や挫折を味わい、みずからが生まれ変わったことでコーチになるチャンスを得た入来の声は終始、穏やかだった。

2017年は再び3軍投手コーチとして若い投手たちと向き合う。

「若い子たちを見ると気持ちが盛り上がるんです。この子たちが活躍してほしい、どうやったら活躍できるのか。いつもそんなことを考えています。それと自分の経験も踏まえて、人としても認めてもらえるような選手になってもらいたい。そういう話をすることもありますし、そこも常に頭に入れて選手たちと接しています」

その言葉は一層の丸みを帯びていた。

(敬称略、文:鷲崎 文彦/スポーツライター)

引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161230-00151804-toyo-soci&p=1

スポンサーリンク


2016/12/30 06:16

BOSSのCMが印象に残ってる。「野球に関わりたいんです!」と訴えてる姿に感動した。これだけ成熟された考えなら、暫くコーチやった後に監督しても成功しそう。年の瀬に良い記事読めて良かった。
名無しさん
2016/12/30 08:42
ホントやね、
年の瀬にイイ記事。
有難う=3=3
名無しさん
2016/12/30 09:17
プロ野球選手は犯罪者が多いから入来は良く立ち直ったな。
名無しさん
2016/12/30 12:29
どっかで見たけどこの人ジャイニチなんでしょ?
名無しさん
2016/12/30 14:24
この記事の内容は今年の春のキャンプの終わりにNHKBSで放送された「入来祐作コーチと若者たち」という内容とほぼ同じ。
NHKの方は、巨人で同僚だった高橋尚成氏がインタビューする形で進められていたけど、その中で入来氏は「現役を引退して即コーチになっていたら、問題山積のコーチになっていた」という会話や、入来コーチが桑田真澄氏からアドバイスされたこともしっかり聞き留めて自分に言い聞かせながらやっている姿を映していた。
キャンプでは笠原投手の活躍を予見しつつも、期待していた同じ若手左腕の坂田投手や笠谷投手のケガ離脱を未然に防ぐことが出来なかった悔しさをにじませていた表情、さらに同じ年に育成選手として入団してきた左腕の斎藤投手からは「ここでは自分の父親のような存在」とまで言われて思わず表情を崩したりと映像でしかわからない部分も多くあった。
名無しさん
2016/12/30 17:41
PL学園⇒亜細亜大学って、気が狂いそうな青春時代だな(笑)
名無しさん
2016/12/30 18:34
あのCMで若い選手に初勝利のボールをもらって「・・・よかったな。」って一言をしぼり出す瞬間、どれ程の思いがよぎったのかと想像させるのが上手いなと感じました。
名無しさん
2016/12/30 18:57
スポーツ選手なんてどの道クビになるのにそれをあたかも
悲惨な出来事のように仕立て上げたお涙頂戴番組。
名無しさん
2016/12/30 19:21
>球団を転々としたので、どこも面倒を見る必要はない。
プロの世界なのに、何でそういう情実で動いてるかね。野球を冒涜してる
名無しさん
2016/12/30 19:24
入来は毎年記事になる。
ストーブリーグの陰の主役だな。
名無しさん
2016/12/30 19:25
俺は現役時代の入来に対して…何が大きな要因ってわけじゃなく、結果も出すけどトラブルメーカーって印象で…
その印象を引きずりながら球団を転々としてた時は、もはや落ちぶれたトラブルメーカーって感じで…
主要なスポーツ紙もそういう書き方をしてた記憶があるし…
それが横浜で用具係をって記事を読んだ時は、少し印象が変わって、素直に頑張って欲しいなって思ったから、SBの3軍コーチ就任の記事を読んだ時は凄く嬉しかった。
あの現役時代から選手としての晩年を向かえて、今この時にコーチをやってるってのは本当に凄いと思う。
人の印象ってのは中々変わらんし、それを裏方として変えるには、日々のコツコツとした努力しか無いからね。
名無しさん
2016/12/30 07:26
DeNAと工藤監督に感謝だな。
名無しさん
2016/12/30 18:36
工藤監督は親しいから呼んだのだと思ってたけど違うんだね。工藤監督は人格者だね。すごすぎ
名無しさん
2016/12/30 18:56
記事では、今は、全ての人に感謝しているように思えますね。
名無しさん
2016/12/30 19:13
舞台の上で、華やかに踊れる人は一握り。華やかに踊る人をサポートする人、サポートする人を更にサポートする人、その環境をサポートする人・・・皆んな優劣はありません。こうして社会は動いていきます。
名無しさん
2016/12/30 20:24
工藤、本当に良い上司だな。
横浜に来た時には、もう「良い人」がにじみ出てたけどな。
これからも監督として第一線で活躍しそうだ。
名無しさん
2016/12/30 06:43
現役時代は本当にワガママだったからな。特に日ハム時代は。まあ人は変われるんだよ。
名無しさん
2016/12/30 08:19
わがままと捉えられるか真直ぐな性格と見られるかは微妙だね
入来の球速(max146)で1軍である程度活躍したのは相当な努力家だと思うんだが怪我が多すぎたな
名無しさん
2016/12/30 10:33
一方の兄は落ちぶれるに落ちぶれて酷い状態に・・・
爪の垢を煎じて飲ませてあげるべき
名無しさん
2016/12/30 11:48
兄貴は一流の弁当屋として成功してるんじゃなかったっけ!?あれを落ちぶれたとは言わない。
名無しさん
2016/12/30 14:36
kenさんの言う「会ったことも無いのに批判するな」というのは一般社会では正論かもしれないが、プロ野球選手というのは「野球を見せてお金をいただく」という特殊なお仕事なのだから、ファンを失望させる言動・行動があれば批判は当然じゃないかな
名無しさん
2016/12/30 14:58
工藤監督に頭が上がりませんね。
名無しさん
2016/12/30 18:05
阪神・アリアスと殴り合いっ!
名無しさん
2016/12/30 18:14
cc_*****さん
智は引退後台湾に残り金を使い果たした後に
妻の収入に頼ってニート→コンビニでアルバイト→
妻家族が経営する弁当屋の2号店店長→
うまく行かずに閉店、本店に異動→
義母の注意に耐え切れず弁当屋を退職→職を転々→
住宅メーカーの営業になるも1年もせず自ら退職→
また妻家族の経営する弁当屋で勤務。
決して成功してるとは言えないな。
祐作は兄の弁当屋で勤務してた頃の
夜明け前から仕事してる姿を見て
「野球界から絶対に離れてはいけない」と誓ったそうだ。

スポンサーリンク


名無しさん
2016/12/30 18:15
兄貴は、引退してフリーター→高校時代の同級生の現在の奥さんと再婚して奥さんの親族が経営するお弁当屋に勤めるも誰かと揉めて退職→色々な仕事につくも長続きせず自主退職→離婚だかを切り出し元サヤでお弁当屋に戻るという感じ。
名無しさん
2016/12/30 18:21
よく知りもしねえのによく「一流の弁当屋」とか言えるし、よく赤ポチ押せるもんだな
名無しさん
2016/12/30 18:36
ワガママではあっても根は元々真面目だったのでしょう
考え方は変わっても性格は一生変わりませんから
名無しさん
2016/12/30 18:42
三兄弟をよく知っていますが、長男は本当にクズですね。最初の奥さんは相当な思いをされたようで、娘のために慰謝料と養育費を取り損ねないように公正証書作って、離婚の原因になったタレント崩れの女は、野球界でやらかして有名だったから、それをよく知っていた次男は、最初の離婚で相当長男に忠告したけど、聞く耳持たず。結局、クビになったと同時に女に捨てられ、台湾と韓国で借金ん作って、故郷に帰るしかなかった。今の奥さんは、高校時代の元交際相手だから、ここまでクズに成り下がっていたと分からなかつたのかな。
名無しさん
2016/12/30 18:53
入来兄弟はよい話を全く聞かない。
絵に描いた野球バカで、実力もプロでは足りない中途半端。
野球界にしがみつくのはいい。実社会では相手にされないだろう。
名無しさん
2016/12/30 19:06
私はこの入来兄弟大好きだけどな。
現役時代は女遊びもバンバンして言いたいこと言って
枠に収まる真面目ぶらないとこがなんか往年の野球選
手らしくて良かった。
兄貴も弁当屋頑張ってるみたいだし弟もまだまだ若い
し頑張れ。
名無しさん
2016/12/30 19:21
>>nis*****
どんな社会からも相手にされていないお前よりマシだよ
名無しさん
2016/12/30 19:33
>nis
>入来兄弟はよい話を全く聞かない。
これ本当に当たってる。
知り合いが球場スタッフで、特に兄貴のほうはひどかったらしい。
クズ。
名無しさん
2016/12/30 20:20
兄貴の方が話は盛り上がるなあ
○○自水○時代も悪だった
プロ入り後も終盤は→韓国
面白い男
玉は遅かったが・・・怒ってぶつけるのは多かった
打者は嫌がる悪
名無しさん
2016/12/30 20:23
兄貴に関しては確かにひどかったらしい。
野球をやめてからの第2の人生を特集してた番組があったけど、今の奥さんの親が経営する弁当屋に就職したけど、奥さんの母親とトラブってクビになり、地元(?)の会社に就職しても、奥さんに黙って勝手に会社辞めたりして、離婚寸前になったんじゃなかったっけ?
名無しさん
2016/12/30 08:38
華やかな世界だけど、
裏側にある男臭く泥臭いドラマも
良いもんだ。
名無しさん
2016/12/30 09:43
良い記事だね。
名無しさん
2016/12/30 09:43
くどちゃん、ナイススカウトです。ホークスの育成や若手の投手の成長は入来さんにかかってると思います。来年も活躍を期待しています。
名無しさん
2016/12/30 12:38
真面目に仕事してれば見てる人は見てる、てことか。
希望がもてる良い話だ。
名無しさん
2016/12/30 12:16
鰻のネタも今考えると球界への恩返しだね。
中畑監督、工藤監督、それぞれ素晴らしい人に巡り会えてる入来は何か持ってたんだろうな。
名無しさん
2016/12/30 08:07
鰻を取るのは上手いよ。
名無しさん
2016/12/30 08:37
行動が変われば人が変わる。ってやつですか。
名無しさん
2016/12/30 14:08
清原にも、入来みたいな下積み与えてほしい。

スポンサーリンク


名無しさん
2016/12/30 18:41
違いますよ。
意識が変われば行動がかわる、行動が変われば結果が変わる。
だから工藤監督は入来を呼んだんですね。
三軍なんか9割はモノにならない、だからやめたあとの人生をどうするか学ばせるためですね。
名無しさん
2016/12/30 19:41
三軍ものになってます。千賀飯田釜元亀沢など
名無しさん
2016/12/30 13:15
腐らずにやり通した結果ですね。清原さんはそれが出来なかった。
名無しさん
2016/12/30 08:21
俺も頑張ろうと思える記事をありがとうございます。日々感謝の気持ちを忘れたらいかんな
名無しさん
2016/12/30 13:09
去年は二軍の投手コーチに昇進してたし信頼は厚いのだと思う。
若手の育成頑張って下さい!
名無しさん
2016/12/30 10:46
入来を呼んだ工藤監督の技術的な事はどうでもいいんです、と言う言葉に今までの経験や情熱を若い選手に伝えて欲しい気持ちを感じた。ソフトバンク投手陣が強力なのが何となく分かる。
名無しさん
2016/12/30 07:52
兄貴の引退後の番組も見たけど、
あれは反面教師になってるんじゃないか?
名無しさん
2016/12/30 17:42
長文だったけど、全部読んでしまった
いろんな人がいて、いろんな人生があるんだなぁ
名無しさん
2016/12/30 18:48
工藤監督のようにも、入来祐作のようにも、なりたいもんですね
名無しさん
2016/12/30 18:59
松坂よりは何倍も戦力になると思うけど?
名無しさん
2016/12/30 20:06
松坂来年期待できる。
名無しさん
2016/12/30 08:11
人の性格はそんな変わる事は出来ない。
だけど色々な経験して性格の部分を
上積みして変わる事は出来るでは
ないかな
名無しさん
2016/12/30 08:36
入来は、中学時代を見たが、本当に光輝いていた選手。今はいい方向に向かっていると思う。工藤監督の電波をはって人を見ている事に感心する。さすが一流!
名無しさん
2016/12/30 12:57
前に見たけど完璧な裏方として選手を支えてて選手からも信頼されて野球が好きで関わっていたいんだなと思った
監督とかになっても成功しそう
名無しさん
2016/12/30 11:52
この人の後ろ姿を見ていれば
選手としての心構えはもちろん
社会人としての心構えも学べるだろうな。
工藤監督もよく人を見てるよね。
名無しさん
2016/12/30 19:44
身近で見ていてくれた人が工藤監督に進言してくれたのかな。一度地獄を見た人は強いよね。応援したくなる記事です。
名無しさん
2016/12/30 07:26
やっぱりひとつの事に真面目に几帳面に取り組んでいると誰かが必ず見ていてくれるんやな。
人は自分次第でどうにでも変われる
名無しさん
2016/12/30 18:34
うーん、確かに。
阪神との2軍戦で拝見したが、ブルペンで必死にメモを書いていました。熱心なコーチだったので、姿が忘れられない。
名無しさん
2016/12/30 11:29
感謝と思い遣りですね…。一年、一年勝負だけれど頑張って欲しい!
名無しさん
2016/12/30 15:48
腐るもなにもクスリ漬け
名無しさん
2016/12/30 11:31
たぶん今年最後の、心に沁み入るいい記事。
名無しさん
2016/12/30 20:21
明日は
大晦日ですね。
紅白?ダウンタウン?で
年越しそば?
1年が早いなー
来年も良い年であります様に。
名無しさん
2016/12/30 20:08
一度、野村阪神時代に甲子園で見たことがある。
癖のある投げ方で阪神を抑えていた。
いい投球していたな。
あの時代巨人のエースだったよな。
実績を残して巨人に戻って下さい。
名無しさん
2016/12/30 14:11
野球好きの嫁に東京ドーム連れていかれた時に投げていたのが入来さんでした。ミットに球が収まる時の音は野球に疎い私にも衝撃的でした。これからも頑張って頂きたい方です。
名無しさん
2016/12/30 17:37
だんなさんが野球に疎くて、奥さんが野球好き。
そんな奥さんの誘いを断らずに二人で野球観戦だなんて素敵ですね。
名無しさん
2016/12/30 18:27
ありがとうございます(^_^)
名無しさん
2016/12/30 12:42
転職を数回してきたけど、とはいえずっと大手企業にいた。初めて小さな会社に転職して、わかってはいたけど、やっぱり大手の名前があったからこそ自分はやれていたんだと痛感した。入来の活躍や脚光とは比べ物にもならないけど、ここまでの人がそのプライドを捨てて居場所を見つけるというのは、想像を絶する苦悩があったと思う。どんな場所でも、自分ができることを見つけ、それを習得して成長することの大切さを、改めて考えさせられました。私もそうでありたい。

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク