【衝撃】路線バスの旅 蛭子卒業の理由は太川陽介にあったことが判明ww

スポンサーリンク

注目ラインナップ
注目ヘッドライン
Pocket

「かつては『死ぬまで旅を続けよう!』って話していたんですが、最近はよく道を間違えたり、疲れてバスの中でボーッとしてしまったり……。もうすぐオレも70歳。さすがに3泊4日のロケは体がキツい。でも太川さんに『番組を降りたい』と言ったら、ひどく怒られるんじゃないかと思って、言い出せなかったんです……」

頭をポリポリかきながらこう語るのは、漫画家の蛭子能収さん(69)。俳優の太川陽介(57)とコンビを組み、毎回異なるマドンナと一緒にバスを乗り継いでゴールを目指す『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京系)は、いまや蛭子さんの代名詞--。

スポンサーリンク


 しっかり者の太川と、マイペースな蛭子さんのやり取りが視聴者の心をつかんだ『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』は、常に高視聴率をマーク。同局の看板番組のひとつだが、番組を支えた蛭子さんと太川が、’17年1月2日に放映される第25弾をもって“卒業”することになった。もしかして太川との確執が……?

そんな蛭子さんに、番組の舞台裏、思い出を振り返ってもらった。

「最初に企画内容を聞いたときは、ほかの旅番組と同じように気楽なものだろうと思っていました。でも、第2弾の『東京~京都編』でゴールに向かっていたときに、ディレクターから『このままでは京都にたどり着けません。スタッフの車に乗りましょうか?』と言われたんです。しかし、生真面目な太川さんが『ルールどおりで!』と譲らなかった……。案の定、その回はゴールできずに終わりました。目的地に着かない旅番組なんて、ありえない展開だろうと思ったんですが、そんな“ガチ”なところが視聴者に気に入られたんですかね……」

また、太川とはこんな思い出も。

「太川さんは、バスの中でよくトランプをやりたがるんです。最後に『ドボチョコリン!』とか叫ぶすごくつまらないゲーム。“自分が考案した”ということもあって、たいてい太川さんが勝つまで終わらない。そんな太川さんの子供っぽいところが大嫌いでしたね(笑)」

沖縄県以外、すべて路線バスで回ったという蛭子さん。ロケ先でいちばん記憶に残っている車窓の風景は?

「第17弾『山口市~室戸岬編』での秋吉台の景色は美しかったなぁ。カルスト地形の、岩がいっぱいある山の上を走るんです。そして、のんびり走るバスの旅の楽しさは、地元の人たちの生活まで見えてくるところ。一度、雀荘でマージャンをやったおじさんと、翌日の路線バスで偶然、乗り合わせたことがありました。お互いに顔を見合わせて『何でいるの?』とあぜんとしてしまいましたね」


スポンサーリンク



 そんな蛭子さんを『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』で見られるのは、いよいよ’17年1月2日で最後になる。

「実は、6月放送の第23弾のあと、太川さんに相談しに行ったんです。『体と頭がキツい、もう辞めたい』って。そのときは、何を言われるかとヒヤヒヤしていたんですが、太川さんは『僕も25弾で終わるのが、キリがいいなと思っていました』とオレをいたわってくれたんです。そして、一緒に番組を『卒業したい』と--。“戦友”として気を使ってくれたのだと思いましたね。最近では、別の旅番組でロケに行くと、現地の人に『あれ、太川さんは?』と言われることがあるんです。太川さんはどう思うかわかりませんが、オレは、ちょっとうれしかったりします(涙)」

蛭子さんらしさがもっとも輝く路線バスの旅。最後の旅姿を見逃さないで!

引用元:「かつては『死ぬまで旅を続けよう!』って話していたんですが、最近はよく道を間違えたり、疲れてバスの中でボーッとしてしまったり……。もうすぐオレも70歳。さすがに3泊4日のロケは体がキツい。でも太川さんに『番組を降りたい』と言ったら、ひどく怒られるんじゃないかと思って、言い出せなかったんです……」

頭をポリポリかきながらこう語るのは、漫画家の蛭子能収さん(69)。俳優の太川陽介(57)とコンビを組み、毎回異なるマドンナと一緒にバスを乗り継いでゴールを目指す『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京系)は、いまや蛭子さんの代名詞--。

しっかり者の太川と、マイペースな蛭子さんのやり取りが視聴者の心をつかんだ『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』は、常に高視聴率をマーク。同局の看板番組のひとつだが、番組を支えた蛭子さんと太川が、’17年1月2日に放映される第25弾をもって“卒業”することになった。もしかして太川との確執が……?

そんな蛭子さんに、番組の舞台裏、思い出を振り返ってもらった。

「最初に企画内容を聞いたときは、ほかの旅番組と同じように気楽なものだろうと思っていました。でも、第2弾の『東京~京都編』でゴールに向かっていたときに、ディレクターから『このままでは京都にたどり着けません。スタッフの車に乗りましょうか?』と言われたんです。しかし、生真面目な太川さんが『ルールどおりで!』と譲らなかった……。案の定、その回はゴールできずに終わりました。目的地に着かない旅番組なんて、ありえない展開だろうと思ったんですが、そんな“ガチ”なところが視聴者に気に入られたんですかね……」


スポンサーリンク



 また、太川とはこんな思い出も。

「太川さんは、バスの中でよくトランプをやりたがるんです。最後に『ドボチョコリン!』とか叫ぶすごくつまらないゲーム。“自分が考案した”ということもあって、たいてい太川さんが勝つまで終わらない。そんな太川さんの子供っぽいところが大嫌いでしたね(笑)」

沖縄県以外、すべて路線バスで回ったという蛭子さん。ロケ先でいちばん記憶に残っている車窓の風景は?

「第17弾『山口市~室戸岬編』での秋吉台の景色は美しかったなぁ。カルスト地形の、岩がいっぱいある山の上を走るんです。そして、のんびり走るバスの旅の楽しさは、地元の人たちの生活まで見えてくるところ。一度、雀荘でマージャンをやったおじさんと、翌日の路線バスで偶然、乗り合わせたことがありました。お互いに顔を見合わせて『何でいるの?』とあぜんとしてしまいましたね」

そんな蛭子さんを『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』で見られるのは、いよいよ’17年1月2日で最後になる。

「実は、6月放送の第23弾のあと、太川さんに相談しに行ったんです。『体と頭がキツい、もう辞めたい』って。そのときは、何を言われるかとヒヤヒヤしていたんですが、太川さんは『僕も25弾で終わるのが、キリがいいなと思っていました』とオレをいたわってくれたんです。そして、一緒に番組を『卒業したい』と--。“戦友”として気を使ってくれたのだと思いましたね。最近では、別の旅番組でロケに行くと、現地の人に『あれ、太川さんは?』と言われることがあるんです。太川さんはどう思うかわかりませんが、オレは、ちょっとうれしかったりします(涙)」

蛭子さんらしさがもっとも輝く路線バスの旅。最後の旅姿を見逃さないで!

引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170102-00010001-jisin-ent


スポンサーリンク



名無しさん
2017/01/02 07:22
いいコンビだったなぁ〜
蛭子さんも太川さんもお疲れ様でした!
名無しさん
2017/01/02 07:55
屑なところがありながらも憎めない感じの蛭子さん。生真面目ながら子供っぽさもある太川さん。
旅のエピソードを笑いながら「太川さんが大嫌いでした。」と話す蛭子さんに太川さんへの旅番組の相方への愛情が感じられました。2人(+1人)の道中を覗くことが出来なくなるのは 少し寂しいですね。お疲れ様でした。
名無しさん
2017/01/02 07:58
こないだのバス旅がそうだったけど蛭子さんがいないと別番組みたくなるから、後任は蛭子さんみたいな適当な人がいいね!
名無しさん
2017/01/02 06:10
今日の最終回、楽しみにしています。
名無しさん
2017/01/02 06:29
先日、アッキーナが出ていた回の再放送を見ました。いつ見ても面白いなぁって思った。自分の地元に来てくれた回はテンション上がったなぁ。寂しいけど、最終回楽しみにしています。
名無しさん
2017/01/02 07:45
人気がでたのはスタッフからのやらせの誘いを断った太川さんのおかげかもしれませんね
名無しさん
2017/01/02 07:30
最強のコンビだよね。
蛭子さんの気を使わない発言のおもしろさが。
太川さんが最初がルールを守り切るところが番組が長く続く結果でもあったんだね。本当に二人のやりとりが面白かった。
名無しさん
2017/01/02 06:38
大好きな番組です。二人のやりとりが楽しみの一つでした。ロケ中も一度くらいは生で見たかったな。
名無しさん
2017/01/02 07:27
2人のやり取りが良かったです。お疲れ様でした。
名無しさん
2017/01/02 06:45
バスに長時間は個人的には嫌いですが 番組見るのは好きでした
名無しさん
2017/01/02 07:49
今、テレビで見ています。
70歳近くで3泊4日のロケは本当に大変だと思います。
蛭子さんも太川さんもお疲れ様でした。
名無しさん
2017/01/02 07:32
蛭子さんは見てる分には面白いけど、近くで関わるのは勘弁していただきたい。
名無しさん
2017/01/02 06:11
テレ東って、ホントこういう企画力あるよね。
名無しさん
2017/01/02 07:56
楽しみだった番組がまた一つ終わりますね。 ちょっと寂しい気もします。
名無しさん
2017/01/02 07:48
すぐ終わるのかなと思ったらなかなかどうして
こういう番組を作るのは、さすがはテレビ東京
名無しさん
2017/01/02 07:43
最終回が楽しみ(^^)
名無しさん
2017/01/02 06:25
タイトルと記事内容がだいぶ違いますね。でも内容を読んでホッとしたよ。タイトルほど悪意ある中身でなくて。

スポンサーリンク


名無しさん
2017/01/02 07:59
今、再放送をやってますがガチでやってるっていうのがよくわかる番組です。
終わるのは残念ですが、とてもおもしろい番組だと思います。
名無しさん
2017/01/02 07:50
タイプの違う二人だからこそ、ガチ感と人間味ある番組になったと感じた。マドンナも可愛いかった。お疲れ様でした。最終回を楽しみにしています!
名無しさん
2017/01/02 07:53
お疲れ様でした。
太川さんは残って欲しかったな。
名無しさん
2017/01/02 07:33
良い話だな。
名無しさん
2017/01/02 07:44
最後の放送楽しみにしてます
名無しさん
2017/01/02 07:49
似たような番組徳光がやってるけどつまらんな。
名無しさん
2017/01/02 07:56
あれはひどい。
番組じゃなくて、徳光さんの私生活丸出しだし、ゲストが徳光さん接待しているようなもん。
名無しさん
2017/01/02 08:01
比べ物にならない(比べてはいけない)
企画そのものが、パクリだし。
酔っぱらいのおっさんがバスに乗っているだけ。
時間つぶしにもならない、つまらない番組
あっちを終了して欲しい。
名無しさん
2017/01/02 07:58
蛭子さん、太川さんは二人で旅するには相性が悪いと思うが、番組的には面白かった。
名無しさん
2017/01/02 07:50
>最後に『ドボチョコリン!』とか叫ぶすごくつまらないゲーム。“自分が考案した”ということもあって、たいてい太川さんが勝つまで終わらない。
どんなゲームなんだろう?
名無しさん
2017/01/02 07:18
どこかホッコリしたコンビで、楽しみな番組であった、お疲れ様!
名無しさん
2017/01/02 08:01
蛭子さんと一緒にいた太川くんの方が大変そう(笑)
でもお疲れ様でした…
名無しさん
2017/01/02 07:45
いろいろな意味でウソがない番組。卒業回、楽しみ。

スポンサーリンク


名無しさん
2017/01/02 07:56
蛭子さん、印象変わらないから気付かなかったけど、もう70近いんですね。太川さんともどもお疲れ様でした。
紅白はグダグダでどうしようもなかったらしいですけど、蛭子さんにはこれからもいい意味でグダグダであっていただきたいです。
名無しさん
2017/01/02 07:57
今日のは最終回楽しみです。太川さん、蛭子さんお疲れさまでした。
名無しさん
2017/01/02 06:51
太川陽介さんは60代後半になったら、この番組に復帰して欲しいと思います。
蛭子さんポジで。
名無しさん
2017/01/02 07:46
最終回でゴールはできるのでしょうか?
ゴール出来なかったとしても、この番組らしいし、楽しみ。
名無しさん
2017/01/02 06:09
長いん間お疲れ様でした。
名無しさん
2017/01/02 07:51
スタッフの車に…
やっぱりそういうの多いんですかね。
太川さん昔から真面目そうですもんね〜。
名無しさん
2017/01/02 07:51
盟友と言っても過言ではない。
名無しさん
2017/01/02 07:33
とても楽しみに見ていた。
沖縄も路線バスで旅して欲しかったなぁ~
名無しさん
2017/01/02 07:57
数年後、同窓会スペシャルで沖縄編が・・・
名無しさん
2017/01/02 07:58
この人たまのイラッとする。
でも逆に捉えると、裏がないって事だよね。
名無しさん
2017/01/02 07:27
お疲れ様でした。
しかし会津から秋田って…
新潟経由?仙台経由?
名無しさん
2017/01/02 07:51
旅番組が多いけど、どの旅番組も、出演者が盛り上がってるだけで、情報が薄い番組だわねー
名無しさん
2017/01/02 06:35
ナイスコンビの2人だったので毎回楽しみに
して見てましたよ〜♪
今回も楽しみにして見ます!
長い間楽しませてくれて、お疲れ様でした!

スポンサーリンク


名無しさん
2017/01/02 07:50
蛭子さんのキャラ、好きだったのに残念だなぁー。
名無しさん
2017/01/02 07:59
第5回、第6回の再放送をしてほしい。
名無しさん
2017/01/02 07:52
仲は良いのか悪いのか本人たちにしか解らないけど、視聴者としてはこのコンビだからこそ見続けた。終わるのは寂しいが今夜を楽しみにしてます。
名無しさん
2017/01/02 08:01
バス路線が、衰退していくなか、バスを使ったガチ番組はひやひやとほんのり感があって良いですね。
名無しさん
2017/01/02 06:21
性格が正反対のお二人!イイ感じのコンビでしたね〜!卒業せずにスポットで今後も出演して欲しい!
名無しさん
2017/01/02 08:01
タイトルが誤解を招く
名無しさん
2017/01/02 07:52
この旅番組は好きでよく見てました
またあのコンビだったのが良かったのでしょう
順調に行かない旅の方が思い出として残りやすいし、良い旅と言うか旅の良さを実感するのかも…
今日が最後なのは残念ですね
名無しさん
2017/01/02 07:57
真面目な田川さんが車に乗らないで本当に良かった。だからこそ、ここまで続いた人気番組なんだろうな。2人のデコボココンビも最強だった。
最終回が楽しみだ。
名無しさん
2017/01/02 07:49
このコンビはよかった
でも最近は蛭子さんも番組に慣れてきて手際よくなってきちゃったから
番組的にそろそろかなと思ってた
名無しさん
2017/01/02 07:54
何気にマドンナとして出てきた女優の本質とか見えて面白かったです。
わがままそうなイメージだったアッキーナが穏やかでとても可愛かった。
名無しさん
2017/01/02 07:50
大嫌いでした、のタイトルおかしいでしょ。
蛭子さん面白かったね。
名無しさん
2017/01/02 07:58
どこで取材してるのさw

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメント

  1. 一般視聴者 より:

    蛭子さん、太川さん、お疲れ様でした。
    第一弾2007年から始まり丸10年、蛭子さんにとって肉体的に厳しい状況でしたものネ。
    回数を重ね、ガチ度が高まるに従い、真面目過ぎる太川さんのガス抜き役、蛭子さんが次第に適任と思えるようになりました。
    太川さんには思っても口にできない事を言ってしまう蛭子さん!これぞ蛭子さん。
    蛭子さんの体力を考えて無茶を控えるからマドンナの負担も少ない。
    別の出演者で同じ役割を担うことは無理でしょうネ。

    特別編も視聴したけど田中要次さんが温泉旅館に泊まるんだ!と言い出した時は、
    無茶振りするリーダーと小まめな部下、これも有りかなと思って視続けたけど、
    自らの判断をやたら悔やむ田中要次リーダーの発言にはガッカリ!
    強く主張しなかったとマドンナに責任転嫁する始末。
    今は強いリーダーが求められる時代。
    情報を集めてきた部下の意見を聞き、判断を下すリーダー。
    行動した結果に対して補正をかけながら次の選択をする。
    最後の結果については判断ミスを素直に謝る。
    それは太川さんの姿だった。
    横暴なだけの軟弱なリーダーは相応しくないと考える。

  2. Gotz より:

    この番組が出る前の大抵の旅行番組は、タレント使った上げ膳・据え膳、ホテルご自慢の最上級サービスとやらばかりで「俺らが行ってもこんなサービス受けられんだろ(失笑」的な物ばかりでした。

    それに比べて、この番組は太川さんが地元の普通の居酒屋で美味そうにビールを飲んだり、時間調整で喫茶店でモーニング食ったり、公民館で地元の人にストーブにあたらせて貰ったりと、旅行好きから見てもリアルで好感が持てる物でしたね。

    残念なのは蛭子さんの後を継げるようなキャラが居なさそうな事ですね...

  3. 指物谷登与子 より:

    蛭子さん、太川さんさん10年間お疲れ様でした。御二人と共に旅する気分で番組を拝見させて頂いて折りました。ハラハラ、ドキドキしたくて。あえての録画、CMを娘にカットさせ母は観る。こんなガチな旅番組はありません。楽しかった。第1弾~第25弾お二人とは全部一緒でしたよ。蛭子さんの素っ気ない態度や会話の中にも相手太川さんを思い遣る気持ち等などが見え隠れし、回を重ねる事に本当の蛭子さんの良さが滲み出てファンになりました。25弾迄天候が悪く歩行さえ困難な時もありましたね。その中、毎回の如く本当に良く歩きました。マドンナを励まし気持ちを乗せて行く気遣い、テレビの放送には無いご苦労が在ったかと。太川さんにしか出来ない事だし短気なリーダーだと番組が成り立たない、視聴者にも伝わるものだし。でも、太川さんがたまに覗かせる素の表情に疲れてるな~。胃が痛そう。って思いながら心配しながら応援してました。こんなガチで盛り上る番組はもう無いかな~って喪失感で一杯です。日本各地での人々の暮らしぶりや歴史、所で変わる人情の違い、名所の数々子供逹の勉強にもなりました。相反する性格のお二人が繰り広げるバス珍道中、もっと見たかった。バス路線に限りが在り、終わりが来ることすら考えてませんでした。最終回まさかのリタイア。太川さんが番組を締めくくる最後の言葉が印象に残り忘れられない思い出の番組になりました。蛭子さん、太川さん本当に10年間お疲れ様でした。有り難う御座いました。