【天才】綿矢りさ&金原ひとみ 芥川賞最年少受賞の衝撃再び??こいつらガチですごいww

スポンサーリンク


注目ラインナップ
注目ヘッドライン
Pocket

ふたりが史上最年少で芥川賞を同時受賞したのは2004年。いま、金原は2児の母となってフランス・パリで、綿矢も1歳児を育てながら執筆を続ける。作品は、変化しているのか。

金原ひとみ:家族を持ったり、海外に移住したり、そういう自分自身の経験と小説は多かれ少なかれ常に影響し合っています。その変化は自分でも新鮮で、今回も「こんな小説書くんだ、私」みたいなところがありました(笑)。

『クラウドガール』の主人公は18歳、16歳の若い姉妹。デビュー作の『蛇にピアス』で19歳の女の子を書きましたが、今回は主人公に感情移入するのではなく、わが子を眺めるような感覚で。俯瞰(ふかん)の立ち位置が変わったことは自分でも驚きでした。

●書くことが楽になった

綿矢りさ:私は自分が夫と暮らし始めてから、『私をくいとめて』の主人公と彼氏との関係を書き直したんです。もうちょっと濃くしよう、と。すべて書き上げてから新聞連載をスタートさせたのですが、自分と主人公が近い場所にいるようにしたいな、と思って。以前は、暴走して反省する、何かを学んでちょっと成長する、みたいな主人公を書いてきたんですが、最近、そういうのはいいやって思うようになりました(笑)。

昔はもうちょっと小説に関して真面目で、倫理とか意義とか影響とか、一つの小説の中で主人公の人生はある程度変わらないといけないし、世の人も「こういう訴えがあるんや」ということがないと納得しないかな、と思っていたんです。

金原:それが変わったんだ。

綿矢:そう、「置きにいく」というのかな。笑いを書くにしても、説明しないでちゃんと伝わらへんかったらどうしよ、と思ってたけど、最近はポンと置いて人が気づくのを待つようになった。態度とか姿勢とか、同じ文字の表現でも年齢とともに変わってきたのは面白いと思う。

金原:昔より書くことが楽になったのかな。『私をくいとめて』を読んだとき、「綿矢さん、今度はここにいくか!」って思いました。毎回いろんなことに挑戦してて、小説に選ばれてるような作家だよね。

綿矢:どう書いても自由だということは、頭ではわかっていたけど、それが体でほんまにわかってきた、という感じ。前は、書くときは演説前みたいに緊張してた。主人公もかなり力が入っていたし。でも、年を重ねたことで、世の中には本当にいろんな人がいて、どんな人を書いてもいいんだ、と思えてきた。

金原:私は自由奔放に書いてきたほうだけど、社会的なテーマを据える時には熟考しますね。例えば『マザーズ』の時は新しい母性、新しい女性のあり方を表明しなければという使命感があったし、『持たざる者』のときは、ナイーブなテーマでもあったので、どういう立場の人がどういう読み方をするか、いろいろな角度から考えざるを得ず、途中何度も筆が止まりました。誰が何を考えるかは未知数だし、怖がってばかりいても仕方がないな、と吹っ切れ、その後の『軽薄』と『クラウドガール』は、小説の面白さを追求したいという一心で書きました。小説家として、原点に立ち戻れたような気がします。

スポンサーリンク


●作家ってそういう認識

綿矢:『クラウドガール』は怖くて謎のある終わり方が面白かった。『蛇にピアス』を思い出してうれしくなりました。サスペンスの匂いがするというか。

金原:ラストはあえて明らかにしない、ということは最初から考えていました。むしろそこを追求しないという生き方の是非を問う話でもあって、人が得ている情報の脆弱(ぜいじゃく)性を浮き彫りにしたかったんです。

綿矢:子育てしながら、いつ書いてるの?

金原:私の子どもたちは今9歳と5歳なんだけど、フランスの幼稚園は朝の8時から4時までだから、割と余裕があるかな。朝は子どもたちでおのおのヨーグルトやパンを食べて、学校へは旦那が送って。私は深夜仕事、朝寝、昼頃起き出すというペース。だから仕事の環境はまあまあ整ってます。「ママのことは絶対にお昼すぎまで起こしちゃいけない」って、恐怖の法律がうちにはあるんで(笑)。フランスは、子育てしやすいですよ。シッターさんはすごく安いし、誰でも預けられる保育所がある。週2、3回くらいですが、生まれて数カ月くらいから、働いていてもいなくても預けられます。

綿矢:私は去年、保活にちょっと挑戦してみたけど、うまくいかなくて。仕事のときは主に夫やお義母さんに見てもらってる。いまも保育園の結果待ちだけど、在宅だと厳しい。書類をざーっと確認した担当者が「在宅ってことは家でお仕事されているんですよね? 子ども見ながらは難しいんですか」って。

金原:作家ってそういう認識か……って思うよね。

綿矢:もう泣きそうになっちゃった。在宅は絶対に弱い。

金原:私は第1子の時は新宿区だったんだけど、0歳枠はわりとあったみたいで入れたんだけど。1歳枠になると途端に……。

綿矢:えーっ! 困るよ。

金原:みんな復帰しちゃうからね。


スポンサーリンク



●時間の流れが変わった

綿矢:いつが一番大変だった?

金原:やっぱり1人目の最初の1年かな。『マザーズ』を書く前はまさに育児ノイローゼになって。保育園がなかったら何らかの事件を起こしてたんじゃないかって思う。今でも保育士さんには頭が上がりません。

綿矢:あぁ、ドキドキしちゃう。『私をくいとめて』は、子どもが昼寝したときや夫に見てもらっているときに書き直したり、校正したりしてすごく大変だった。私、体力がないんです。もともと文系で。

金原:文系を言い訳にしたな(笑)。私もそうだけど。底力ないよね。

綿矢:そう、底力、ない(笑)。以前は自由に時間を使えたから書けたけど、子育ての合間に書いたり普通だったら休んでいるときに書いたりしていると、まず体力が切れちゃう。集中できひんから苦しいとか、アイデアが出ないから苦しいとかよりも、机に向かうことが苦しい(笑)。書くことは好きだからまだいいけど、校正で「ここはこうしたほうがいいのでは?」なんて指摘が入ると、もうわからなくなる。目がかすんで何も見えない……。校正作業は現在進行形でキツいです。マラソンとかしたほうがいいのかな。でも、いまの状態で運動を始めたらより疲れるよね?

金原:今は温存だよ、温存。

綿矢:温存の仕方、教えて!

金原:一人遊びできる子に育てたほうがいいよ(笑)。あんまり構いすぎると後が大変。本を読むように勧めていったり。一人で没頭する子?

綿矢:何かやり始めたら集中してるかも。一人遊びできるおもちゃを与えるか。

金原:子どもによって違うだろうけど、子どもが2人になって私はかなり楽になったかな。

綿矢:2人で遊んでもらうの?

金原:そう。結果論だけど、本当に時間の流れ方が変わった。2人が結びついたことで、自分が個に戻れた気がしてる。

(構成/フリーランス記者・坂口さゆり)

※AERA 2017年2月6日号

引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170201-00000144-sasahi-peo


スポンサーリンク



名無しさん
2017/02/03 13:05
話題作りしないと本売れないのやよな。
名無しさん
2017/02/03 13:12
オレは小説なんて読む気もしないし本なんて何年も買っていないなぁ!
名無しさん
2017/02/03 13:23
けど、ここでちょこちょこと投稿はするんですね。
名無しさん
2017/02/03 13:06
蹴りたい背中・・・前半読んで面白くなりそうだなと思ったけど、そのまま失速して終わった感じだった。
名無しさん
2017/02/03 13:06
正直なところ受賞作には物足りなさを感じたなぁ。
名無しさん
2017/02/03 13:32
でも大して面白みがない作品だよね
名無しさん
2017/02/03 13:40
芥川賞が話題性を最重視して選出するようになったのは、この二人のときからだよね。結局、実力が伴ってなかったから、賞効果が無くなってからは鳴かず飛ばずになちゃったけど。
名無しさん
2017/02/03 13:45
普段ネットしか見てない人にとっては、鳴かず飛ばずに見えるんだろうけど、そうでもないと思うけどな。
それから、芥川賞は昔から話題性重視だよ。
名無しさん
2017/02/03 14:18
芥川賞の受賞者数人でも知ってる?この二人が鳴かず飛ばずだったら、それ以前の受賞者の8割が全く飛べてないよ。
名無しさん
2017/02/03 14:33
あ、もちろん、直木賞も話題性重視だよ。
名無しさん
2017/02/03 13:25
最年少というだけで、何がおもしろいのか全くわからなかった思い出。
名無しさん
2017/02/03 12:54
薄くて内容もあまりない本だったな
名無しさん
2017/02/03 13:17
お前の薄っぺらい人生そのものだな
名無しさん
2017/02/03 13:20
よければ、どの本が特に?教えてください。
名無しさん
2017/02/03 13:45
>und*****
自己紹介w
名無しさん
2017/02/03 13:17
椎名桜子さんはどうしてるかな。
名無しさん
2017/02/03 13:28
芸能界で【お古】にされたそうです。
名無しさん
2017/02/03 14:05
最後の金原さんの一言いいな。きょうだい2人が結びついたことで、時間の流れ方が変わった、自分が個にもどれたって表現。我が家も今てんてこまいだけどいつか個に戻れるのかな。私にとっては希望の言葉でした。
名無しさん
2017/02/03 14:20
賞が無ければどちらも読んでないな~悪くないけど良くもない内容だった印象、本は好みだからな~w子育て頑張ってな~
名無しさん
2017/02/03 14:21
何時ぞやの時にある作家が「芥川賞を取った人は、賞を取って以降あまり作品を出さない」みたいな話を言った時に、どちらかが「書いてるけど全部ボツになっちゃって、イチからやり直しました」みたいな話をしてたのが印象的だった。
ボクらの時代を見てると、作家って案外孤独だなって思うから、こういう対談って本人達にとってもガス抜きになるのかもね。
名無しさん
2017/02/03 13:27
私どちらでもなく島本理生が一押しだった。結局いまだに芥川賞とれてないけど、今でも一番好きです。
名無しさん
2017/02/03 13:25
育児日記ですやん。
名無しさん
2017/02/03 14:11
あんなライトノベルみたいのが受賞するのかーって思ったよ
名無しさん
2017/02/03 13:18
ダブル受賞したとき
石原「元都知事」に
「片方は△片方は×」って言われてたが
今も残ってるのね♪
名無しさん
2017/02/03 13:29
今の方がエロくていい

スポンサーリンク


名無しさん
2017/02/03 14:34
一昔前の話になったね。今舌にピアスなんて言う奴いるのかな?
名無しさん
2017/02/03 14:40
実物の、蛇のピアスを、しているひといるよ・・・
名無しさん
2017/02/03 13:10
昔は綿矢さんの方が可愛かったけど、今は金原さんの方が綺麗だね。
面白い。
名無しさん
2017/02/03 13:24
どうでもいいはなし。
頑張っているからそっとしててあげて。
名無しさん
2017/02/03 14:06
芥川賞受賞の重圧に潰れた作家も多いなか頑張っていると思う。
大きな賞を受賞できなかったけど、大家になった村上春樹や島田荘司もいるからね。
名無しさん
2017/02/03 13:04
綿矢りさはビジュアルで選んだんじゃないかって言うくらい可愛かったな
名無しさん
2017/02/03 12:57
安定した生活を送ると何事も無難になり、迫力が落ちるように感じます。
名無しさん
2017/02/03 13:29
蛇にピアス映画だけ見たけど衝撃的でした。
名無しさん
2017/02/03 14:11
綿矢りささんは、まだ書いていたんだね。
かなり前だが、芥川賞の次の作品(芸能で少女が転落していく話)を期待して読んだが、主人公の行動に納得がいかなくて、内容も低レベルの週刊誌に載っているような感じで、それでも希望や期待が持てるのであればまだ良かったが、すごく気が滅入る話だったので、これ以降の作品は読んでいない。
まあ、私がこの作品(調べたら「夢を与える」というタイトルだった)の良さを理解できないだけかもしれないし、「インストール」と「蹴りたい背中」は良かったので、期待が大きすぎたのかもしれないが。
名無しさん
2017/02/03 13:10
当時、受賞作品ともう1冊くらいはどちらの作家さんも読んだけど綿矢さんより金原さんの方が好みだったかな。
13年か。早い。どんな風に成長したか今度また読んでみようかな。
名無しさん
2017/02/03 13:15
まだ書いてたんだ!というのが正直な感想。
名無しさん
2017/02/03 14:12
いまも第一線で活躍ぅ?
名無しさん
2017/02/03 14:27
お二人のその後の作品は面白いのもあるけれど、この二作品は
新人賞という感じだった。出版社が若い層にも本を広めようとして
推薦したのだろうけれど、読んでいてつらかったなあw
名無しさん
2017/02/03 14:32
芥川賞の方が受賞した時の反響は大きいけど、短命。
実際は直木賞受賞者の方が長命。
これが純文学と大衆文学の差。
芥川賞受賞者でまだまだ活躍してるのは、「怒り」を書いた吉田修一ぐらいじゃないかな。
名無しさん
2017/02/03 14:24
芥川賞受賞作品を1冊も読んでないのだが、読んだ方がいいのかな?
ちなみに、芥川自身の作品である、『鼻』と『羅生門』と『蜜柑』と『トロッコ』は読んだことがあるのだが。
名無しさん
2017/02/03 12:53
もう13年も経つのか。
時が過ぎるのは速いものだ。
名無しさん
2017/02/03 13:48
記事見て全く同じ事思った
加えて何かの間違いじゃないの?って軽い現実逃避w
オッサンになればなるほど、時間の経過が速くなってるけど、この2人が出てきたのってそんな昔だったんだな~
名無しさん
2017/02/03 14:01
女流作家は殆ど読んだこと無かったけど、この二人の作品を読んで 面白い、なと初めて思った作品でした 綿矢さんは少しメンヘラ系ですが描写が細かくベテラン作家さんが書いたのかと思い金原さんはリアルでこちらにも痛みが分かる様な描写に感心しました、二人ともタイプは違いますが好きでした、また出たら読んで見ようかな、
名無しさん
2017/02/03 14:06
芥川賞はスタート、実力のある新人が生き延びる。
しかし、一発屋でも、時代の雰囲気をどこかで、捉えているものだ。
名無しさん
2017/02/03 14:38
anx*****
もう13年も経つのか。
時が過ぎるのは速いものだ。

わかってるならこんなトイレの落書きみたいなとこに書き込みしてないで、早めに終活したら?
名無しさん
2017/02/03 13:10
朝日新聞の朝刊と夕刊で同時に連載してたんだよね。
タイプが違うのにいつまでも二人セットみたいに扱われちゃって嫌だろうなぁとは思う。
でも、対談の感じでは意外とそうでもないのかな?それとも割切れているのかな?
いずれにしてもお互いにしか分かり合えない何かはあるんだろうけど。
名無しさん
2017/02/03 13:26
同期入社みたいなもんじゃないの?
名無しさん
2017/02/03 13:44
同時期に受賞し、更に若くて容姿も良かった由縁で良い意味で話題になりましたからね。
作家は受賞したからといって安泰ではなく、受賞しなくても売れて人気がある作家も大勢いいます。
現役で続けている作家にとっては、忘れ去られるよりも年月が経っても取り上げられるのは良いことだと思いますよ。
名無しさん
2017/02/03 13:52
小説も性格もタイプが違いすぎてる感じだからあまり気にならないんじゃないかな 微妙に似てて優劣つけられるのが一番きつい
名無しさん
2017/02/03 14:08
外からガヤガヤうるさいな笑
お前らが勝手に斜に見てんだろ

スポンサーリンク


名無しさん
2017/02/03 14:15
背中蹴ってやりたいって
お互いに思ってたりして。
名無しさん
2017/02/03 14:18
昭和30年代で言うと、石原慎太郎と大江健三郎みたいなものか。
名無しさん
2017/02/03 14:26
綿矢りさ、さんは国家公務員の高級官僚の旦那さんがいるので、作家をしなくても食べていけるのに、第一線の作家を続けてるのは立派です。
名無しさん
2017/02/03 14:33
名前をセンテンス・スプリング賞に変えてみたらどうだろうか。
名無しさん
2017/02/03 14:37
>国家公務員の高級官僚の旦那さんがいるので、作家をしなくても食べていける
所詮、公務員なので給料安いし、若いうちは激務で家にほとんどいないと思います。退職金が7000万とかもらえるのは、出世競争に勝ち残った次官とかのトップ層だけです。
名無しさん
2017/02/03 13:26
懐かしいのもあるけど芥川賞も直木賞も年1回にしろよ。半年に1回は多い気がする。
名無しさん
2017/02/03 13:51
そりゃ本たくさん売りたいからね〜。
名無しさん
2017/02/03 13:51
4回でもいいだろこんなもん
名無しさん
2017/02/03 13:55
何回だろうとお前に全く関係ないだろ
名無しさん
2017/02/03 14:16
本が売れない時代なんだから
このぐらい許してやれよ。
名無しさん
2017/02/03 14:26
国家試験なら年2回でいいのに。
名無しさん
2017/02/03 14:33
知らなかった。
この間の受賞のニュースで「また?」ってかんじたんだよね。
名無しさん
2017/02/03 14:34
「毎回必ず選らばなきゃいけない方も辛い」って、元選考委員のセンセイが仰ってた事がありましたね。
名無しさん
2017/02/03 14:42
芥川賞と直木賞しかふだん読書なてしない一般人にはピンと来るものがないんだよ。
他の賞は良くて結果がニュースでさらっと扱われるぐらい。
結局本が売れてないってことなんだと思う。
名無しさん
2017/02/03 13:07
今も第一線で活躍しているという結果がすべて。
受賞時はなんだかんだ言われたけど、選考委員の目は確かだったということですね。
名無しさん
2017/02/03 13:13
この程度で第一線というのなら、本当に第一線で活躍してる作家さんは第何線と表現するのか気になる。
名無しさん
2017/02/03 13:20
tenさん
最前線かな。
名無しさん
2017/02/03 13:22
第一線とはいえないでしょ。
保育園は高収入だと入りにくいのでは?ダンナの職業や自身の収入とか、なんでも保活でもあるまいし
名無しさん
2017/02/03 13:23
読書家の叔母曰く、この二人は大人(特に高齢者)の描写がステレオタイプだと言っていた。
年金暮らしの悠々自適みたいな書きかたをしているのが気に入らないんだそうだ。高齢者でも一線でバリバリ働いている社長もいるし、ヤンチャが抜けない人もいるし、廃品を集めて自転車を漕ぎ、その日の飲み代を稼ぐ人もいることを、このお姉ちゃん達は理解していない。と言っていた。
名無しさん
2017/02/03 13:23
上手い!
座布団一枚!
名無しさん
2017/02/03 13:23
よっぽど本読まないんだろうけど、金原も綿矢も充分に第一線だよ。新作が出るたび平積みされる作家が果たして何人いるのか。
名無しさん
2017/02/03 13:24
金原ひとみが第一線とは?
名無しさん
2017/02/03 13:27
最近じゃ売れないのが当たり前の純文学にカテゴライズされる作家でこんだけ売れてるんだから第一線って言ってもいいでしょ。
いろいろと賞受賞したりノミネートされたりもしてるし。
名無しさん
2017/02/03 13:29
逆にこの二人が第一線じゃなかったら
第一線って誰?
名無しさん
2017/02/03 13:31
二人ともこれからですよ。
スポーツ選手じゃないんだから、
これからも書き続けていって欲しいです。
名無しさん
2017/02/03 13:41
第一線って必ず社会現象化する春樹様クラスじゃあないの?
彼女たちはビジュアルでインパクトを与えただけの一発屋
あとは本読みだけで騒がれてる感じ
本読み以外にも読まれるのが第一線、一流。
名無しさん
2017/02/03 13:42
第一線って百田尚樹とかのこと?
作家には多作の人もいれば、寡作の人もいるし、簡単には言えないよね。
名無しさん
2017/02/03 13:43
無理やり社会現象化してノーベル賞だなんだと狂っているハルキストが支えているだけじゃないの。
名無しさん
2017/02/03 13:44
小説家として本を書き続けてて、それなりにタイトルも知られてるんだから十分だと思うけどな。
本読み以外に知られてる人なら石田衣良や東野圭吾とかかな?
名無しさん
2017/02/03 13:45
綿矢りさは一時期超スランプに陥って何も書けなくなって、何年間かOLか何かやってなかったっけ?
名無しさん
2017/02/03 13:47
芥川賞ってコネの血統のいい人と、それと正反対の人が選ばれているってイメージ。
作品よりも、作者の話題性。

スポンサーリンク


名無しさん
2017/02/03 14:09
確かに過去の受賞者でも
鳴かず飛ばずの人結構いるもんな
名無しさん
2017/02/03 13:28
なんだかんだいって、今でも書き続けているのは本当に凄いことだと思います。
作家さんって、途中で辞めちゃう人も多いからね。
名無しさん
2017/02/03 14:41
1~2作で燃え尽きる方がむしろ正常だと思います。
書いてと乞われて何十作も書ける作家なんて、はっきり言って化け物。
名無しさん
2017/02/03 13:59
本が売れない時代に何とか売ろうとしてた出版業界の考えもあったんだろうけど、又吉のよりはまだましだったな。
名無しさん
2017/02/03 13:44
もうね、文藝春秋賞って名前を変えた方が良い♪
名無しさん
2017/02/03 14:15
たまに群像とかすばる、新潮社もいるな。男ならば、個人的には群像だとかっこよく見える。
名無しさん
2017/02/03 13:25
才能があるってすごいね。
名無しさん
2017/02/03 13:42
その書き方だと才能の裏に努力があることを忘れているように見えるね
名無しさん
2017/02/03 14:15
はぁ?
名無しさん
2017/02/03 13:05
芥川賞のお陰で助かったかともあるんだろうから、
それはそれで良かったんじゃない、
名無しさん
2017/02/03 13:01
この頃から賞の権威が落ちた。
名無しさん
2017/02/03 13:06
この二人もあの賞でとった作品以降ヒット作ないしな
名無しさん
2017/02/03 13:11
綿矢は定期的に書いていたけど、ベストセラーにはなっていないし、映像化もご無沙汰。
名無しさん
2017/02/03 13:46
ベストセラーで映像化されることがすごいなら、百田尚樹が日本で有数の作家になるんだけど?
それでいいのかな。
名無しさん
2017/02/03 13:53
権威が落ちたって…この賞はあくまで新人賞だから
名無しさん
2017/02/03 14:21
永井龍男が常任選考委員の時は、もっと受賞審査が厳しかった。
今よりもレベルが高い津島佑子や高橋洋子でさえ、受賞が見送られた。
名無しさん
2017/02/03 14:28
常任選考委員ってなに?
名無しさん
2017/02/03 14:34
新人賞だからね
野球選手だって新人王とっても
鳴かず飛ばずで引退もある
先の事はわからない

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です