水谷豊 俳優業50年の意識の高さがマジで半端ない件wwww相棒18年

スポンサーリンク

注目ラインナップ
注目ヘッドライン
Pocket

劇場版「相棒」4作目が公開

 俳優・水谷豊(64)主演の映画「相棒」(橋本一監督)が11日に公開される。劇場版4作目となる今作では国際犯罪組織と対峙(たいじ)するが、その裏で先の大戦による遺恨や愛国心といった重いテーマを扱う。水谷は「今回は事件を解決した後に何が残るのかが重要でした」と振り返った。

【写真】水谷豊、伊藤蘭の長女・趣里が映画「秋の理由」の舞台あいさつに出席

「相棒」は、2000年に単発番組でスタートした当時から「これは面白くなる」と手応えを感じていたそうだが、「まさかここまでくるとは思わなかった」という。子役から始めて50年。「俳優を続けられるのも人との出会いがあってこそ。これに尽きます」と話す。

スポンサーリンク


人間ドラマ描く

 「相棒」の特徴は単に犯人逮捕だけではなく、裏に隠された人間模様にも比重を置くところだ。これが他の刑事モノと一線を画し、人気の秘密にもなっている。今作ではトップアスリートの凱旋パレードに集まった50万人の群衆がテロの標的として狙われる。阻止するため杉下右京(水谷)、冠城亘(反町隆史)らが奔走するが、2人は戦争の“犠牲”になった犯人の姿にふれることになる。

 「日本の歴史がカギになっています。不幸な出来事(戦争)によって被害を受け数奇な人生を送った人間が主人公です。今、世界中で起きているテロの問題を日本に置き換え、解決後そこに何が残ったのかを問いかける意味合いが強い。愛国心や差別といった人間ドラマであるということでしょうか。これまで以上により人間というものが強く描かれている気がします」

 ―杉下右京の台詞(セリフ)のひとつひとつが長く感じるが。

「もともと『相棒』の長台詞は有名で、もっと長くしゃべっているものもあります。今作は事件を解決するため(の台詞)より、その後のしゃべりの量が多い。テーマ性、内容の重さがそういう印象を与えるのかもしれません」

スポンサーリンク


64歳、大ジャンプ

 狙撃から犯人を守るため身代わりに撃たれるシーンでは、64歳とは思えない大ジャンプを見せている。

 「犯人は戦中戦後の悲しみを全部抱えている人で、真実を誰かに伝えなきゃいけないワケです。右京の心境は『自分の身を盾にしても(犯人を)生かして、彼に話をしてもらう』ということ。ただ僕のテーマはどのくらい跳べるか、でした(笑い)。現場でもかなりジャンプした感覚でしたね。あそこまで(横に)跳ばないと守れない状況でしたが、もともとアクションが好きだからちょぴりうれしかった。昔を思い出しちゃいます」

ドラマ「相棒」は2000年に土曜ワイド枠の単発で放送された。視聴率が高く連続ドラマに昇格したが、水谷は早くから手応えを感じていたそうだ。
「単発の2時間版はプレシーズンと呼ばれて3本作りました。最初の1本を撮った時に『こういう話を映画にできたらいいですね』と、現場で夢を語っていたらシリーズが始まり、輿水泰弘さんがそれまでの刑事モノとは違う脚本を書いてくれました。それで『1シリーズで終わることはないほど面白い。少なくとも5年ぐらいやれるね』という会話になっていきました。数々の現場に立ち会ってきましたが、こんな経験は初めてでした。それが映画に、しかも1本じゃなく4本目ですから。僕の相棒が変わるたびにできているので、ソリ(反町)に後々『僕だけ映画なかったですね』と言われなくて済みました(笑い)。でも、ここまで長く続くとは想像できなかったです」

―どこまで続くのか。

「これが分からないところです。僕は1年に2クール、半年は『右京』でいるワケで、2年で1つ年をとると考えていました。シリーズが始まった時は僕はちょうど50歳。今はシーズン15でそれに照らし合わせると右京は今57、58歳ぐらいの計算です。(刑事も)公務員で、定年退職もあるワケですからね。果たしてこれからどうなりますか」

バイトしない?

 子役から芸能活動を続けていたが大学入試をきっかけに“引退”を決意。ところが役者の神様が退場することを許さなかった。

 「ハリウッド映画を好きで見ていた程度で、芝居に特別興味を持ったこともないし、ずっと俳優でやっていくという思いはなかったです。(劇団ひまわりで)子役を経験し、その後お世話になっていたプロダクションに『芸能界をやめます』と退所を告げたら『それは賢明だね』と送り出されました。この世界じゃないところに行こうと大学を受けたら失敗。来年も受験したらいいな、という気持ちでしたが、生活のためにはアルバイトしなきゃいけない身分。バイト探し中に知り合いのプロデューサーから『こんな話があるけど』と声がかかり、監督が気に入って出演すると評判がよくて次々依頼が…。この時19歳。気持ちは今でもバイトなんです。もう何年になりますかね(笑い)」

そこからはトントン拍子に階段を上る。1976年は映画「青春の殺人者」でキネマ旬報の最優秀男優賞を受賞。77年のドラマ「赤い激流」ではピアニストを演じ話題となった。

「ピアノは見るもので、触るモノではないと思っていました。指導していただいた音大の先生が素晴らしかった。出演が決まった時『まずは何か弾けるようにしましょう』と選曲されたのが『エリーゼのために』。誰も信じないでしょうが、スピードは遅いけど3日で最後まで弾けるようになったんですね。先生も音大の生徒に話しても、誰にも信じてもらえなかったそうです。これは僕の唯一の自慢です」

「赤い激流」は最高視聴率37・2%、78年「熱中時代・先生編」では熱血あふれる教師を演じ同40%を記録した(いずれもビデオリサーチ、関東地区)。スターの仲間入りを果たすが…。

「そこから離れよう離れようとしていました。もっと違うことができる、別な世界があるんじゃないかとずっと思っていました。役者は嫌いじゃないけど『一生やれる』とは口に出せない仕事。『続けますよ』といって全うできればいいけど、オファーがなければ続けられない職業ですから。だから“本業”と言いにくかった」

―俳優と言えるようになったのは。

「結婚をして娘ができた時にやはり『自分一人じゃない』となるワケで、その時に『自分一人で(俳優を)やめるとかは言えない』と。相変わらず“一生”とは言えないけどできる限りやってみようと思いました。そう、40歳前ですね。19歳の時に声をかけてもらっていなかったら俳優になっていない。不思議なものです。僕は人との出会いがすべてと言ってもいいです。俳優もそうですが『歌をやらないか』と言われた時も、デビュー曲(77年の『はーばーらいと』)は井上陽水さんで、『カリフォルニア・コネクション』は平尾昌晃先生の作品です。常に誰かに支えられているのを感じます」

半世紀のキャリアと実力を持ちながら、足元を見つめ感謝を忘れない謙虚な姿勢はすごみにも感じる。スマートな役が多いが、昔のようなギラギラしたアウトローの顔も見てみたい。(ペン・国分 敦、カメラ・小泉 洋樹)

◆「優作ちゃん」と食事

 水谷は「太陽にほえろ!」「探偵物語」などで共演した故・松田優作さんとは親交が深かったという。

 「優作ちゃんは『太陽に―』で名前が世に出ましたが、その前からの付き合いです。撮影所ですれ違って顔は知っていたんですが、何かの番組の初日です。現場で会って不思議なくらい気が合ってしまって、それから『2人だけで1年に何回か食事をしよう』という関係になっていました。実は僕『太陽―』の第1話の犯人役なんです。あのドラマには萩原健一さん(メインの話)で2度、優作ちゃん(メインの話)でも2度出ています。当時はアウトロー的な役も多かった。その何年か後には不良から先生役ですからね(笑い)」

◆水谷 豊(みずたに・ゆたか)1952年7月14日、北海道・芦別市出身。64歳。子役の事務所に入り、68年にフジテレビの「バンパイヤ」でデビュー。74年に「傷だらけの天使」で萩原健一と共演し話題に。76年に映画「青春の殺人者」でキネマ旬報賞主演男優賞を受賞。77年「赤い激流」、78年「熱中時代・先生編」などに出演。79年発売の「カリフォルニア・コネクション」は70万枚の大ヒット。2008年には同曲で紅白歌合戦にも出場している。89年に伊藤蘭と結婚。長女・趣里は女優として活躍している。血液型A。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00010003-spht-ent

スポンサーリンク


名無しさん
2017/02/11 14:28
私にとっては水谷豊=熱中時代です。
名無しさん
2017/02/11 16:08
みねっこ〜〜
同じく・・・
名無しさん
2017/02/11 16:46
私にとっては水谷豊=バンパイヤと傷だらけの天使です。
名無しさん
2017/02/11 17:10
事件記者チャボ。
名無しさん
2017/02/11 17:36
刑事貴族かな。
相棒も、2時間サスペンスでやってた時に割りと見てた。
名無しさん
2017/02/11 17:41
私にとっては水谷豊=狼男です。
名無しさん
2017/02/11 17:48
「バンパイヤ」と「男たちの旅路」です。
名無しさん
2017/02/11 18:03
な~つかしいなぁ~
名無しさん
2017/02/11 18:09
カリフォルニアコネクションを忘れてないか?
名無しさん
2017/02/11 18:19
水谷豊=「赤い激流」でコンクールに挑むピアニスト。
迫真の演技にするために、超難曲であるショパンの英雄ポロネーズの一節を練習したんだって。
名無しさん
2017/02/11 18:22
カリフォルニア・コネクション、歌唱力は正直微妙なんだけど最高にカッコいい。何年か前の紅白のときも最高だった。
名無しさん
2017/02/11 18:24
傷だらけの天使の「あにき、あにき、あにき、あ~に~き~」が忘れられない。
名無しさん
2017/02/11 18:30
私も水谷豊といえば熱中時代です
あともう一個はチャボかな笑
どっちにしても元気なイメージが強いので、いまだに右京さんはしっくりこないです
名無しさん
2017/02/11 18:39
僕の先生は~♪
名無しさん
2017/02/11 18:45
熱中時代は、子供の頃まさに熱中しました。
北野先生に憧れて教員になった人も多かったとか。
名無しさん
2017/02/11 18:50
刑事貴族も好きだったなあ
名無しさん
2017/02/11 19:01
刑事貴族とハロー!グッバイが好きでした
名無しさん
2017/02/11 19:18
まったくわからん
名無しさん
2017/02/11 19:40
熱中時代刑事編で以前の嫁さんとスバル360を「プッシュ、プッシュ」と言って一緒に押していたよなぁ(笑)
名無しさん
2017/02/11 19:42
コメ主は若い人ばかりで、最近始めた自分も上の方。。と思っていたが、そうではない事をここのコメントで知った。
名無しさん
2017/02/11 19:49
熱中時代、刑事貴族もいいけど、
わたしは「気分は名探偵」です。
名無しさん
2017/02/11 19:52
おはずかしったらありゃしない
名無しさん
2017/02/11 20:53
ん~~~、そうだなぁ。
私も北野先生の印象が強いですね^^;
もちろん今では「右京さん」ですけど。
名無しさん
2017/02/11 20:57
火サスで浅見光彦シリーズもやってた様な…。
刑事貴族で共演した寺脇康文ともう一度刑事モノやりたいですねからの相棒へと繋がってるみたいですね。
名無しさん
2017/02/11 15:58
傷だらけの天使とか熱中時代とか懐かしいね。
名無しさん
2017/02/11 18:10
やっぱり、傷だらけの天使でしょう。
そういえば、伊藤蘭とは再婚のはず。
初婚のことも少しは触れておかないと、記事としては不正確。
名無しさん
2017/02/11 18:19
ミッキーマッケンジー

スポンサーリンク


名無しさん
2017/02/11 18:25
傷だらけの天使は絶品でした。あそこで何かがあったかあの役は嫌々ながらだったかのどっちか。以降今のキャラクタ-で通してますね。子役上がりということもあったんでしょうね。坂上忍なんかよりはそれでもいいです。今は普通の人。
名無しさん
2017/02/11 18:38
兄貴~~~~!って良く叫んでたよね(あ!歳がばれる)
名無しさん
2017/02/11 18:48
はい、そうです。
私も、兄貴〜の時代です(^∇^)
名無しさん
2017/02/11 19:00
再放送でしか知らないですが、あれはシビれちゃいますね~。あ、BSトゥエルビで再放送してますね。楽しみで録画しちゃってます。
名無しさん
2017/02/11 20:13
私も『あきらぁ』の世代でそのイメージが強烈にある
田舎では日曜日午後9時からの放送で凄く楽しみだった
名無しさん
2017/02/11 16:05
熱中時代が懐かしいです。
名無しさん
2017/02/11 16:07
世界一受けたい授業が懐かしいです
名無しさん
2017/02/11 17:12
水谷豊とかけまして
世界一受けたい授業
と説きます。
名無しさん
2017/02/11 20:13
水谷さんの最初の結婚が刑事編で夫婦役演じたミッキー・マッケンジーさんとの国際結婚だったと聞いて驚いた。
名無しさん
2017/02/11 16:21
相棒は確かにおもしろい。
名無しさん
2017/02/11 18:39
何が凄いってこの人が出てる作品でヒットしてないものがほぼ無い事・・・・。
名無しさん
2017/02/11 18:45
最近の相棒以外での映画は、あまりヒットしてないようだけど
名無しさん
2017/02/11 14:20
探偵佐文字進、好きでした。(女装とか)
相棒までは3枚目役多かったね。
名無しさん
2017/02/11 16:46
水谷豊さんのドラマをちゃんと見たのは「刑事貴族3」かな。
「地方記者立花陽介」「探偵事務所」も好きでした。
名無しさん
2017/02/11 18:40
2時間ドラマならこの人の浅見光彦が1番好きだった
名無しさん
2017/02/11 18:43
湘南女子寮物語
と書いてみます。どれぐらいいるかな~
名無しさん
2017/02/11 20:57
私は刑事貴族2からでした。
右京さんとは180度違う本城さん、面白かったです。
初代相棒の寺脇さんの他にも、亡くなられた方々や最近逮捕された方など出てましたが、また見たいです。
名無しさん
2017/02/11 17:11
お坊さん役もあったよね。「あんちゃん」だったかな。
お坊さん役も似合ってた。
名無しさん
2017/02/11 16:31
熱中時代~還暦編を見てみたい。
名無しさん
2017/02/11 17:55
「傷だらけの天使」が今でも大好き。
もう一度二人の共演を見たいけど、ショーケンがトラブルメイカーに
なってしまったから無理だろうなぁ。。
名無しさん
2017/02/11 19:59
アニキィーって懐かしいな。最後風邪こじらして死んでドラム缶を棺桶にして夢の島に捨てられたんだよね笑?知ってるヒトいる?
名無しさん
2017/02/11 20:28
「努力」の「努」ってどんな字だ?
女の又に力
名無しさん
2017/02/11 18:31
浅見光彦役は好きですが、原作者の内田康夫氏からイメージが違うとおろされたとのことですね。本数が少ないけど、再放送があれば見ています。個人的には合ってると思うのですが。
名無しさん
2017/02/11 20:57
私も水谷さんの浅見光彦好きでした。
名無しさん
2017/02/11 18:29
相棒はもちろんだけど、「事件記者立花陽介」「探偵 左文字進」も好きでした。未だ再放送楽しみに見てます。
名無しさん
2017/02/11 18:20
昔は軽薄なイメージがあってあまり好きじゃなかったな
いろいろあったと思うけど、ずっと続けてこられたのは尊敬します
名無しさん
2017/02/11 19:41
相棒は面白いと思う方 クリック
名無しさん
2017/02/11 18:21
老けないなぁ
20年くらい変わってない気がする
名無しさん
2017/02/11 19:58
俺も熱中時代、刑事編も含めて
そっか~が好きだったなあ
名無しさん
2017/02/11 16:43
やっぱり水谷さんは、熱中時代の時が1番輝いてた。
名無しさん
2017/02/11 19:21
違う印象での当たり役がいくつもあるのが、
すごいことです。
武田鉄矢もそうだと思いますが。

スポンサーリンク


名無しさん
2017/02/11 17:43
個人的には刑事貴族2の本城刑事のイメージがずっとあったので、相棒が始まったときにすごい違和感があった。
名無しさん
2017/02/11 17:53
安浦刑事の時は、
警察には定年がないのかと思うほどだったけど、
杉下さんもそろそろ見た目が、、
名無しさん
2017/02/11 18:08
そこは触れちゃダメ!
名無しさん
2017/02/11 18:14
定年とっくに超えている右京。
名無しさん
2017/02/11 18:48
いつか来るけど、どうやって終わらせるかだよね。
マスコミは、次の相棒は?なんてやってるけども、あと何年やるのか
名無しさん
2017/02/11 17:55
デビュー作のバンパイヤを観たことあるけどアニメと実写の合体作なんだよな、まだ技術がなかった時代なんだろうな。
名無しさん
2017/02/11 18:39
「相棒」はずっと続けて欲しいけど、
右京さんにも定年は必要かもしれない。
名無しさん
2017/02/11 16:49
『事件記者チャボ』とか『刑事貴族』とか代表作がいっぱいある素晴らしい俳優さんです。
ワイは好きです。
名無しさん
2017/02/11 21:01
事件記者チャボ懐かしい~。日テレのドラマにけっこう出てましたよね。よく観てました。
名無しさん
2017/02/11 16:04
水谷さんが出始めたころからの刑事貴族も好きだな。
名無しさん
2017/02/11 21:00
なんで相棒は後味の悪い話ばっかりなんだろう。右京さんの考えに共感できないところも結構あるし。
以前はたま〜には見てましたが、成宮くんの卒業の仕方がああだったので、余計見なくなりました。
名無しさん
2017/02/11 17:47
CSで熱中時代の再放送が始まったから
楽しみが増えた。
名無しさん
2017/02/11 17:40
熱中時代もそうだが、自分にとっては、
「浅見光彦」が大好きだった。元祖とも言えるのでないか?
浅見光彦は刑事ではないが、その延長線が「相棒」。
いや~土曜ワイド劇場から、ここまでくるって素晴らしいです。
名無しさん
2017/02/11 17:56
浅見光彦ははまり役に思えていたのに、他の役者さんに変わっていったのが当時残念だった
なので「相棒」で水谷豊がここまで再ブレイクしたのは、応援したい気持ちになりましたね
名無しさん
2017/02/11 18:08
俺は今でも実際にバイト
名無しさん
2017/02/11 20:42
相棒って片割れがスグ変わるけど何で?
名無しさん
2017/02/11 16:57
熱中時代教頭先生バージョンが観てみたいな
名無しさん
2017/02/11 18:36
本日映画館で見てきたけど、あるシーンのアップが老人に見えてびっくりしてしまった。
名無しさん
2017/02/11 17:18
私も、熱中時代です。
北野広大先生・・・今なら校長か?
イジメ問題にどう立ち向かうんだろうな。
名無しさん
2017/02/11 17:46
今、64歳。校長どころか定年退職してます。
名無しさん
2017/02/11 17:30
右京さん、今作も期待してます
名無しさん
2017/02/11 14:56
傷だらけの天使から、
結構気になって見てました。
大好き!ほどではないけれど、
出ているとわくわくするし、
いつも応援していたい役者さんです。
名無しさん
2017/02/11 15:38
バンパイヤ 怖かったって言ったら歳がばれる
名無しさん
2017/02/11 15:51
♪月の光夜の風忍び寄る黒い影♪
名無しさん
2017/02/11 16:45
オーバー50ですね!(“⌒∇⌒”)
名無しさん
2017/02/11 18:11
私にとっては、赤い激流と熱中時代の北野先生が、好きでしたね…!
名無しさん
2017/02/11 16:45
いやいや、私の中では刑事貴族。世代を問わず愛される役者さんですね。
名無しさん
2017/02/11 20:22
この歳になっても、
ジグザグ気取って無い!
熱中時代か、今も!
名無しさん
2017/02/11 18:51
刑事貴族が好きだったな
名無しさん
2017/02/11 19:55
事件記者チャボや、あんちゃんも最高に面白い!
BSでやってくれないかな~~
今のリアルタイムのいろんな局のドラマよりよっぽど面白いよ!
名無しさん
2017/02/11 18:04
今日朝一の分の相棒見て来たけど面白かったなぁ。神戸が出てる時の好きだから今回の劇場版はずっと楽しみだった
名無しさん
2017/02/11 18:00
映画観た後だからよかったけど、ネタバレしてるのはマズイでしょ。

スポンサーリンク


名無しさん
2017/02/11 19:34
アニキィアニキィって言って欲しい
名無しさん
2017/02/11 17:10
久しぶりに映画館にいくかな。
名無しさん
2017/02/11 18:47
相棒より熱中時代ー刑事編ーのほうがおもしろい
名無しさん
2017/02/11 20:11
熱中時代から変わらないな
名無しさん
2017/02/11 18:26
NHK土曜ドラマの「男たちの旅路」。鶴田浩二さん、桃井かおりさんとのからみが印象的でした。鶴田さんを逆に説教するシーンがかっけえかったです。
名無しさん
2017/02/11 20:27
左文字の方が好き
名無しさん
2017/02/11 18:44
熱中時代は幼稚園くらいで、小学校へ行ったら北野先生みたいな先生がいるのかなと憧れたことはありますが、しかし熱中時代や過去作の頃がよかった、一番輝いてたとかいうコメントは随分失礼な気がします。
そういう人ってファンとは言えない気がする。
自分は昔の作品も今の相棒もどちらも好きです。
劇場版Ⅳも今日朝一番の上映回で見てきたけど、15日にまた友人と一緒に見に行く予定です。
名無しさん
2017/02/11 17:52
ドラマの良さが活かせてない映画でした。

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク