笑いを取るのは不謹慎?葬儀での芸人の振る舞いが注目されているワケ

スポンサーリンク


注目ラインナップ
注目ヘッドライン
Pocket

20161114-oht1i50160-t

ここのところ、お笑い芸人の“肉親の葬儀でネタを披露”といった話題が続けて報じられた。スピードワゴン・井戸田潤が父親の葬儀で、相方の小沢一敬と漫才を披露。井戸田は「喜んでくれていたらうれしい」とコメント。爆笑問題・太田光の母親の葬儀でも、喪主の太田があいさつで「どーも、ドナルド・トランプです」とまさかのギャグ。両ケースともさすがに笑いは起きなかったというが、「芸人としての生きざまを見せた」など、その姿勢は好意的に受け止められているようだ。果たして、葬儀で見せる芸人の“本懐とは?

【写真】父の葬儀での漫才を「喜んでくれたらうれしい」と語ったスピードワゴン

◆赤塚不二夫さん葬儀でのタモリの7分56秒の弔辞は伝説に

スピードワゴンの“惜別漫才”後に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、ダウンタウン・松本人志が「ウチは……浜田(雅功)さんが(松本の父の葬儀後)だいぶ経ってから実家にひとりで来たらしいんだけど。おかんの話では浜田、めっちゃ泣いてたらしく。そんな親しくもないはずだけど……誰かと間違えてるんとちゃうかな」と語っていた。強面で知られる浜田の意外な一面と、どこか深いコンビ愛も感じられるエピソードとして話題になったが、“芸人と葬儀”として多くの人の脳裏に焼きついているのは、赤塚不二夫さんの葬儀で弔辞を述べた、タモリを思い浮かべるのではないだろうか。

超人気マンガ家の赤塚さんがまだ素人だったタモリの芸に心酔、赤塚宅へ居候させながら月に20~30万円の小遣いまであげていたが、タモリは礼も言わないなど、シュールな師弟関係があったことはつとに有名。

スポンサーリンク


そのタモリが赤塚さんの葬儀では、「私もあなたの数多くの作品のひとつです」と締めくくる感動の弔辞を残すのだが、手にしていた紙は白紙ではないかと話題になり、事実、前日に酒を飲んでいたタモリは「面倒くさくなって」「赤塚さんならギャグでいこう」と“勧進帳”(歌舞伎の演目で、弁慶が関所で白紙の巻物を読んでその場をやり過ごす話)だったことが発覚。タモリはあの7分56秒の名弔辞をアドリブで語っていたという衝撃の事実が明らかになったのである。

「関西で言えば、師匠であり『漫画トリオ』の同僚メンバーでもあった横山ノックさんへ贈った、上岡龍太郎さんの“献杯の挨拶”が伝説となっていますね。上岡さんは“ノックさん、あなたは僕の太陽でした”と謝意を述べながらも、“漫才師から参議院議員、大阪府知事から最後は被告人にまでなったノックさん”と笑いをとりました。そして“芸人を送るのに涙は似つかわしくありません”と締めたんです。一方、ビートたけしさんのお母さんのときは、意外にも誰もが知るあの“たけしらしさ”がなく、インタビューで号泣して視聴者を驚かせました」(エンタメ誌編集者)

◆たとえ葬儀の場でも“舞台”のひとつ 芸で見送ることこそが本懐

われわれ一般人にとっても、葬儀での態度や対応は難しい。ましてや芸能人や業界関係者、場合によってはファンたちも参列する芸人にとってはさまざまな想いが去来することだろう。芸人だからといってなにかをしなければいけないわけではないのだが、一般人のようにいることがいいのか、自分のやるべきことがあるのではないか、芸で身を立てるプロだからこその“義務感”みたいなものを背負っているのではないだろうか。

「不謹慎なようですが、とくに芸人にとっては、たとえ葬儀の場でもやはりステージであり、舞台のひとつなんですよね。事実、マスコミや視聴者もそう見てしまう。葬儀の場における芸人としての立ち居振る舞いは、はっきり言えば“芸風”そのもの。芸人たちも自分たちを見せる場として認識しているのではないでしょうか。ただ、それは参列者や世間へだけではなく、故人に対してという意識があることでしょう。自分の仕事であり誇りである芸で見送ることは、親しい間柄であればあるほど故人にも喜ばれているのではないでしょうか。芸人にとっての本懐ともいえると思います」(前出・編集者)

今回、2組の芸人が肉親の葬儀で見せた芸が話題になったわけだが、芸人だけでなく芸能関係者の葬儀の場も常にマスコミに囲まれる。そこでの芸人のパフォーマンスが注目されることは避けられないし、芸人の宿命といえる。そこで彼らが故人をどう見送るか、なにを残せるかは、故人を想いその瞬間に全てをかけた芸人たちの生き様を映し出すことになるだろう。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161125-00000376-oric-ent

スポンサーリンク


名無しさん
2016/11/26 09:08
故人との関係性で変わってくると思います。
ふざけた事が嫌いな人は弔辞で笑いをとられたら嫌だろうし、
辛気臭いのが嫌いな故人だったら一緒に笑ってるかもしれない。
少なくとも弔辞を頼まれるような方はそうとう近しい仲の人だと思うので、きっとどれも間違いではないのかなって。
名無しさん
2016/11/26 09:33
どれも間違いじゃないと思う
名無しさん
2016/11/26 09:41
不謹慎じゃないだろうけど、笑っていものかこっちが困るよね
名無しさん
2016/11/26 09:56
そんなこと、外野がとやかく言うことじゃないでしょ??
喪主がやっているんだから。
参列者がやったら、そりゃ不謹慎だろうけど。。。
名無しさん
2016/11/26 09:51
故人との信頼関係があって、芸で身を立てて名を揚げている人であればこそ成り立つこと。
間違って素人がやると、目も当てられない。
最近、あらゆる面で安易に芸能人の真似をする素人が多いので。
名無しさん
2016/11/26 09:53
ここで討論することでもない。
名無しさん
2016/11/26 09:54
やるのは勝手だけど、こういうのやって爆笑って記事は全くないってことは、笑いを取ろうとしても失敗してんだろうな。
名無しさん
2016/11/26 09:50
っていうかテレビで大々的に近親者の葬儀を大写しにする理由がないように思う
ひっそりとやるべし。
名無しさん
2016/11/26 09:55
タモリのエピソードは他と並べて語るものじゃないよなぁ
名無しさん
2016/11/26 08:43
故人によると思う。笑いが好きなら笑える葬式がいいだろうしね!
名無しさん
2016/11/26 09:37
“たけしらしさがなく”って言うけど、昔から母親好きで有名だったし、たけしってなんか情に厚いイメージだから、らしいといえば、らしいと思うけどな。
名無しさん
2016/11/26 09:42
別れの日くらいなにも考えないで自分の思う最後の別れをしたい。
泣いても笑っても怒っても周りは何も言わずに見ていればいい。
名無しさん
2016/11/26 09:46
悲しいのは誰でも当たり前。
その悲しみをどのように表現し、
どのようにおくりだすかは自由だと思う。
要は気持ちの問題。
その表現を参列者が不謹慎と思うのも自由。
ただ、不謹慎と思う前に、故人を偲ぶ気持ちが勝っているか否か、
が一番大事な事だと思う。
名無しさん
2016/11/26 09:41
たぶん全然売れてない芸人がやったらただの空気が読めない奴になるだけだと思う。
それなりに売れて実力が認められている芸人が、それまで支えてくれた人に笑いで感謝を示すから意味がある。
名無しさん
2016/11/26 08:55
故人がそれを望んでいるかどうかなんだけど、遺書でもない限りわからないし、結局はエゴになっちゃうのかな。
名無しさん
2016/11/26 09:10
葬儀自体は笑いを披露する場ではないと思うけど、「しんみりしないで笑って送って」という故人の遺志があれば全然OKなのでは。
名無しさん
2016/11/26 09:56
東西の弔辞ではタモさんと上岡師匠が双璧。
たけしさんはあれは肉親だから。でも映画監督としては最高に評価される。この人はインタビュー、記者会見が凄い。
フライデー事件後、バイク事故後。

スポンサーリンク


名無しさん
2016/11/26 08:57
俺は嬉しいな〜
名無しさん
2016/11/26 08:52
大切な人の旅立ちが、悲しくないわけがなく、精一杯のつよがりだったりするんじゃないかな
名無しさん
2016/11/26 09:56
堅い云々の話じゃなくこれは人としての話
故人だけじゃなく親族や弔問客に対しても失礼
太田にそれが理解出来ないのは仕方ないけど
名無しさん
2016/11/26 09:55
笑いは取れないよね。
だけど、肉親でその道で頑張ってることを応援しててくれたのならしんみりとお別れをするより、俺はこれからも頑張るから。って送ってもいいんじゃないかって思うね。
名無しさん
2016/11/26 09:06
故人がそれを望む旨を前もって言ってあげた方がいいよね。参列者も笑っていいのかもよくわからないし、「何をこんな時に…」って思うだろうからね…
名無しさん
2016/11/26 09:59
遺族がそれを良しとするならそれでいいだろ。
何の関係もない外野が不謹慎だ!とかって騒ぐ方がおかしい。
名無しさん
2016/11/26 09:57
葬儀はおごそかにやってほしい一人ですね。
芸人がギャグを飛ばす、聞きたくないよ、
名無しさん
2016/11/26 09:07
確実にスベるからね。
やらない方がいいかもね。
名無しさん
2016/11/26 08:50
弔辞をお願いされるほど、亡くなられた方にとって大切な人が考えた送り方は、喜んでいただけそうな気がする。
名無しさん
2016/11/26 09:30
葬式は笑って送って欲しいと生前言ってたならいいんじゃないのかい。
名無しさん
2016/11/26 08:56
落語家のお葬式もまたしかり。
名無しさん
2016/11/26 09:53
時と場合によると思う。
名無しさん
2016/11/26 09:56
もちろん、参列した人は笑えないが、その心意気だけは理解した・・。
名無しさん
2016/11/26 09:48
葬儀での芸人の笑いは、問題ないと思います。
名無しさん
2016/11/26 09:04
人それぞれ立場が有るのだから、一概には不謹慎とは云えない。
心の中では、泣いているよ…。
名無しさん
2016/11/26 09:20
さすがに笑えないかな…

スポンサーリンク


名無しさん
2016/11/26 09:15
いくら故人に一番近かった芸人さんとはいえ、一般の人の葬儀をそういう風にスクープするのだけは控えてほしい。
たけしさんのような人(子のパターン)もいるわけだし。
でも挨拶時に芸人としてのサービス精神を見せるのは、こちら側からでは不謹慎と揶揄されるかもしれないけど、故人はきっと喜んでいるんじゃないかな、と少し思う。
むずかしいけど、居合わせた参列者の方たちも、最後は拍手できればいいのにな。
名無しさん
2016/11/26 09:56
故人との関係と状況によるよね。
名無しさん
2016/11/26 09:58
ケースバイケースでしょう。
故人が笑って送り出してくれとの伝言であれば、弔辞に笑いを入れても良いし、厳格な人だったら、お笑い芸人といえども笑いの要素は葬儀には不釣り合いでしょう。
その場の雰囲気や和み具合など、様々な要素が絡んでくるから一概には定義できないと思う。
名無しさん
2016/11/26 09:53
逆にじんときたけど、ただふざけてるのとは違うと思うが
そんなことわかるだろ
名無しさん
2016/11/26 09:57
アメリカ先住民の諺に「あなたが生まれたとき周りの人は笑って、あなたが泣いたでしょう。だから、あなたが死ぬときはあなたが笑って、周りの人が泣くような人生を送りなさい」というのがある。
名無しさん
2016/11/26 09:05
笑いを取るのは不謹慎とは思いませんが、その葬儀の雰囲気でしょう。殺害されたのに笑いを取ったらただのバカです。

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です