【深刻】山田太一氏 全身マヒ状態で既に断筆 原因はあの病…名作ドラマはもう見られない?

スポンサーリンク

注目ラインナップ
注目ヘッドライン
Pocket

『男たちの旅路』『岸辺のアルバム』『ふぞろいの林檎たち』──テレビ史に残る多くの名作ドラマを生み出してきた脚本家・山田太一氏。久しく新作が発表されていないが、この間、自身に大きな変化があったという。老年時代を題材とした作品も多い山田氏が、83歳になった今、自身の「老後」について初めて語った。

 山田太一氏の自宅は、『岸辺のアルバム』(TBS・1977年放送)の舞台になった多摩川にほど近い、神奈川県川崎市の閑静な住宅街にある。妻の和子さんと2人で暮らしているというが、最近は2階の仕事場ではなく、1階のリビングで過ごすことが多くなったという山田氏。ゆっくりと噛みしめるように語り始めた。

「今はスムーズに言葉が出てこない状態です。一生懸命しゃべろうとはしているのですが……」

 山田氏が病魔に襲われたのは今年1月。自宅を出たところで倒れ、意識不明のまま救急車で搬送された。脳出血だった。


スポンサーリンク


「倒れてから最初の3日間くらいは、まったく記憶がないんです。みんなビックリしたみたいですけど、僕はまったく覚えていないからビックリしようがない(苦笑)」

 和子さんによれば、それまでは病気知らずで、風邪もほとんどひいたことがなかったという。

「『病気になるのは、病気になりたい奴だ』って豪語していました(笑い)。病院も大嫌いで、『病院に行くくらいだったら、俺は死ぬ』って言っていたくらい。いまも定期的にリハビリに通わなければいけないのですが、『遠いし、行きたくない』なんて言うので、困っちゃうんです」(和子さん)

 退院したのは6月のことだ。言語機能は回復しつつあるが、脚本の執筆ができる状態ではないという。

「文字を書くにも簡単な手紙を書くのが精一杯で、すぐに疲れ果ててしまうんですよ。今はテレビドラマを観る気力も湧かなくて、テレビは夜7時のNHKニュースを眺める程度ですね。まだ右足も引きずっている状態ですから、『危ない』とひとりで散歩に出ることも許してもらえません。

40年も前に高齢者を題材とした作品を発表してきましたが、当時はまだ40代で、高齢者の悩みは想像でしか描けなかった。僕は60歳を過ぎても老いを感じたことはほとんどありませんでしたが、今は死を身近に感じています。社会的には“弱者”になったのかもしれません。こうして病気で身体の自由も利かなくなってみると、思うところはたくさんあります」

◆諦める=明らかになる

 実は脳出血で倒れる前、山田氏は新しい作品の構想を練っていたという。

「19世紀のイギリスの小説家、ジョージ・ギッシングが書いた『ヘンリ・ライクロフトの私記』にたくさんの付箋を貼っていました。おそらく次の作品のための作業だったのでしょう」(和子さん)

 この作品は、長い貧困生活の後に偶然、知人の遺産を得て、初めて安息の日々を送ることが可能になった初老の作家・ライクロフトが、自然豊かな田舎での隠遁生活を綴ったものである。ライクロフトは架空の人物で、当時、執筆活動に忙殺されていたギッシングの憧れが投影されているといわれている。

 だが、和子さんの言葉を山田氏はこう遮った。

スポンサーリンク


「次の作品だなんて……昨年の暮れにある作品を書き終えて、“来年は遊ぶぞ”と思っていたんです。僕はこれまでずっと仕事、仕事でやってきたので。ところが、“さて、いよいよ遊ぼう”という時に病気になってしまったから、遊ばせてもらえない(笑い)。人生、なかなか思い通りにならないですね」

 現在、山田氏は「時々、記憶が飛んでしまう」、「思ったことを上手く表現できない」という状態で、執筆はおろか、多くのメディアの取材を断わっているという。しかし、悲観した様子は見せない。

「人生は自分の意思でどうにかなることは少ないと、つくづく思います。生も、老いも。そもそも人は、生まれたときからひとりひとり違う限界を抱えている。性別も親も容姿も、それに生まれてくる時代も選ぶことができません。生きていくということは限界を受け入れることであり、諦めを知ることでもあると思います。でも、それはネガティブなことではありません。

 諦めるということは、自分が“明らかになる”ことでもあります。良いことも悪いことも引き受けて、その限界の中で、どう生きていくかが大切なのだと思います」

 ひとつひとつの言葉を絞り出すように語り、一呼吸ついて、こう続けた。

「もう脚本家として原稿が書ける状態ではありませんが、後悔はしていません。これが僕の限界なんです」

 事実上の断筆宣言にも取れる言葉だが、その顔は笑いに満ちていた。

※週刊ポスト2017年9月1日号

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170817-00000017-pseven-ent

スポンサーリンク


radioboy
やすらぎの郷の時間帯でいつか新作を発表してくれるのでは、と秘かに思っていました。
今後どうなるかはわかりませんが、まずはお体をお大事になさってください。
アルバイト歴15年
2017/08/17 18:42
俺達も、今を、、今を強く、、生きよう!by320
sur
2017/08/17 19:18
写真ワロタ
名無しさん
2017/08/17 19:20
あの乱筆だった司馬遼太郎でさえ50歳を過ぎたら小説は止めましたから。残りは過去に得た知己と知識で書くコラムかエッセイになりましたからしょうがないです。70歳過ぎた村上が書き続けているのが不思議で自分なりの法則に従って書いているようですからノ-ベルは無理です。
韓国人 乗っ取り NHKで検索しましょう
2017/08/17 19:57
くれぐれもお大事になさって下さい
名無しさん
2017/08/17 19:58
脳出血で断筆宣言などと言っているが、インタビューに答えるその内容は一つ一つ含蓄のある言葉で感慨深いものがある。83歳でかつ脳出血を患ったにもかかわらず、これだけの精神力を維持していること自体、驚きであるし、尊敬に値すると思うわ。
名無しさん
2017/08/17 20:01
同じく、やすらぎの郷の次を期待してました。このインタビューだけでも読み応えありますね。
名無しさん
2017/08/17 20:31
こいつ、嫌いなんだよ早く死なないかな?
名無しさん
2017/08/17 20:45
くやしいのう…くやしいのう…
名無しさん
2017/08/17 20:49
ふぞろいの林檎たちは、もう色んな意味で新作が無理なんだなあ。彼らの生き方が気になっていたのに。残念。
名無しさん
あれは三流大学の劣等感を持ってた中井貴一、時任三郎、柳沢慎吾の物語。あの頃は珍しかったが今は三流大学ぞろいで珍しくも無かろう。音楽がセットになっててサザンだったな。
名無しさん
大学の同級生なんて、まったく交流がないぞ
名無しさん
まったくないねそれは。今あるのは会社の同窓会ばかりだな。

スポンサーリンク


名無しさん
少し偽善ぽい倉本作品より、痺れる程度の毒がある太一さんの作品が好きでした。市川森一さん、向田邦子さんとの傑作が並んだTBSドラマが懐かしいし、最近のドラマにはない人生の奥行きを感じさせる作品を、断筆と言わず書いて欲しいなと思います。
名無しさん
最近のは「出演者の人気ありき」で作ってるのが多いからねェ…
コメントを書くあ
83歳か…。普通ならもう隠居して悠々自適なんだけど、こういう商売は中々そうもいかない。しかも橋田壽賀子さんや、倉本聰さんも現役でいる以上、本人の思うところもあるだろうし。
名無しさん
>こういう商売は中々そうもいかない。
え、まさか生活のために執筆してると思ってる?
名無しさん
てんのうへいかもね。
名無しさん
心配ご無用。
ご自分の安っぽい尺度を持ち込まないで下さい。そういうチンケな嫉妬心とか対抗心とは無縁な方です。
名無しさん
新宿高層ビル群をバックに投げては落ちる赤いリンゴ、駆け出し桑田佳祐のいとしのエリーが流れるオープニング。
そこに脚本山田太一の文字が。
ふぞろいの林檎たちを見て以来、東京に憧れ、テレビドラマ制作に憧れ、中井貴一、時任三郎、柳沢慎吾、石原真理子、手塚理美の悲喜交交のグループ交際に憧れました。
私は高1でがむしゃらに東京を目指し大学受験を経て上京。
あれから30年。
私は紆余曲折を経て、コピーライター、CMを作る人になりました。
間違いなく山田さんの影響を受けた人間の一人です。
ありがとうございました。
山田太一さんが断筆されたと知り、さらにお痩せになった写真を拝見しショックが隠しきれません。どうか、ご無理なさらぬよう穏やかにお過ごしください。
名無しさん
山田太一さんの作品をあまり意識したことはありませんが、このインタビューの内容そのものが既に秀逸な作品となっていることに驚きました。
短い言葉の中に、人生を深く咀嚼した者の機微が伝わってきます。
「人生は自分の意思でどうにかなることは少ないと、つくづく思います。生も、老いも。そもそも人は、生まれたときからひとりひとり違う限界を抱えている。性別も親も容姿も、それに生まれてくる時代も選ぶことができません。生きていくということは限界を受け入れることであり、諦めを知ることでもあると思います。でも、それはネガティブなことではありません。
諦めるということは、自分が“明らかになる”ことでもあります。良いことも悪いことも引き受けて、その限界の中で、どう生きていくかが大切なのだと思います」
名無しさん
山田さんの作品は感動ではないのです。
ふいに殴られる感じです。痛みが残る感じです。
涙が出るじゃなく涙が乾く感じです。
コメントを書く西京漬
老いをリアルに感じる今、いい作品が生まれるのでは?皮肉だなぁ。
蜂須賀双六
男たちの旅路・・・墓場の島、シルバーシート、車輪の一歩が印象に残っている。鶴田浩二に絡む、当時の若手だった森田健作、水谷豊、柴利夫、桃井かおり、後半は森田、水谷、桃井が降り、清水健太郎が加わったと記憶している。
数年後に特番という形で、メンバーが入れ替わり、無鉄砲な本間優二が命を落とす役だったのだが、その頃既に戦争の風化の緒についたことを、山田さんは感じていたのだと思う。
kurosuke
完璧さを考えた時、もう、あんな仕事ができないとか
思っちゃうかもしれない。
でも、表現者として・・また、環境が変わっても、
表現者であってほしいと思う。
色んな立場となって、また見えてくる者も違ったりするでしょうし、
書きたい、伝えたいって思う事もあるでしょう。
伝えるとか、
何かを生み出すとか、
ものすごく大変なことだと思いますが、
そう簡単に、きっぱりお別れなんかできないんじゃなかろうか。
大きなことは無理でも、小さなことでもいいので、
ちょこっとづつでも、続けてみては?って思う。
そういうのって、リハビリにもなると思うよ。
25年ほど前、会社のイベントで講演に来ていただきました。講演後の質問コーナーで一人ひとりの質問に真摯に答えていらっしゃったお姿。売れっ子の先生に「タクシーをお呼びします」と申し上げたら、「電車で帰ります。人を見ながら帰りたいので」と言われたので驚いたのを覚えています。先生の作品の心の機微は常に努力して、人を観察して生まれているのだと思いました。「今朝の秋」が1番好きな作品です。
名無しさん
今朝の秋はドラマも素晴らしかった。笠智衆の画ような佇まい、セリフ、表情、心に刺さった。
本当に素晴らしいドラマでしたね。みんなで歌った「恋の季節」も良かったです。
コメントを書く踊り子
山田太一を脚本家と思っている人が多いが、実は小説にもとてもいい作品が多い。「遠くの声を捜して」「飛ぶ夢をしばらく見ない」などは涙なくしては読めなかった。
名無しさん
読んでみたい。
ありがとうございます
名無しさん
小説飛ぶ夢をしばらく見ないに大きな衝撃を受けた学生時代。
その後、石田えりさん主演で映画化されたけど、小説のほの哀しい描写はやはり作品のようには生かされておらず、未だに好きな作品です。
断筆されるとのこと、残念ですが、作品の瑞々しさは作品を読む度に蘇ります。
名無しさん
感動ではなく正に衝撃ですよね、
名無しさん
19の小娘には最初のタライに小用を足すシーンから衝撃でした笑
名無しさん
↑それだからいいのです。
名無しさん
昨年の暮れにある作品を書き終えて、“来年は遊ぶぞ”と思っていたんです。
元気な人ですね。
今はゆっくりなされてまた良い作品を書いてください。
123
私としてはまだまだ仕事してほしかった。念力は送ってください。という私は46歳。まだまだですよね。こら、何しとる。と言って怒られたいです。
名無しさん
男たちの旅路「車輪の一歩」は後々、バリアフリー化の世を作ったと思います。
車椅子の青年に説いた「迷惑を掛ける事を恐れるな!もちろん節度は必要だ。」
ラストのゴダイゴの曲と斉藤とも子さん演じる車椅子の少女が駅の階段下で勇気を振り絞って出した言葉「誰か…アタシを上まで上げて下さい。」は動画見ても泣けてきます。
ay15
自分は小学生の時に【ふぞろいの林檎たち】を観てた。
その時は、漠然と大人って大変だなーくらいに思っていたけど、自分が大人になって改めて観た時に、本当に名作だなと思った。
多分、観た人は登場人物の中の誰かに自分を投影させると思う。そこに苛立ちを覚えたり、共感したり。
サザン好きになったきっかけにもなった、忘れられない作品。
少し休んでまた素晴らしい作品を生み出してくれると信じたい。
名無しさん
語り継がれる名作は脚本家の才能と時代がマッチした時に誕生するものだと聞いたことがある。
「男たちの旅路」「ふぞろいの林檎たち」などはその代表格だと思う。
盆休みに現在放送中の倉本作品を観る機会があったが、観ている途中で切なくなるほど時代との隔たりを感じた。
数々の名作を残し、断筆宣言ともとれる言葉を潔く語れる山田氏は脚本家として幸せな人かも知れない。

スポンサーリンク


名無しさん
岸辺のアルバムを当時小4で、ちゃんとした意味はわからず親に付き合って観ていたけど、独特なドラマの雰囲気が子供ながらに怖いけど見たい、と思ったのを覚えてます。
名無しさん
多摩川で家が流されるシーン。あれは実際のニュース映像かなんかなのでしょうか。J・イアンの歌うWillyoudanceと共に毎週衝撃的印象的でしたね。
名無しさん
岸辺のアルバムが特に好きでした。
竹脇無我さんがまだお若くて素敵だった。子供ながらに好きになってしまった。
だから劇中で八千草薫さんとの不倫未遂とかハラハラしたのを覚えている。
中田喜子さんや杉浦直樹さんやキャストも良かったなぁ。
曲も良かった。
早春スケッチブックは当時通った学校の近くの国立駅の大学通りから少し入った家屋でロケをしていた。
見学していたのが懐かしい。
太一さん良い作品をたくさんありがとうございました。
名無しさん
私見だが、山田太一はおそらく戦後日本トップの脚本家だと思う。
すばらしい脚本家はほかにも何人かいると思うけれど、長い間コンスタントに、しかも数を多く手掛けており、必ず一定以上の質を保つ点で、ほんとうに凄い。
断筆は非常に悲しいが、…どうぞ長生きして下さい。
名無しさん
山田太一さんのドラマが大好きで今もCSでよく観ています。【やすらぎの郷】も毎日楽しんで観ていますが、山田太一さんのドラマもぜひ放送してもらいたいと先日もコメントしたばかりです。断筆とはおっしゃらず体調を見ながら今の太一さんしか描けない脚本を是非とも書いて下さい。それが叶わないなら昔のドラマの再放送をお願いします。最近のバラエティ番組もお笑いもつまらない!!
名無しさん
ふぞろいの林檎たちの新作が、色んな意味で事実上無理なんだなあ。
彼らの生き方が、ずっと気になっていたんだけど。
残念すぎる。
名無しさん
中学生の時に新年のテレビドラマの予告で早春スケッチブックを見て引き込まれるような不思議な気持ちになりました。
複雑な内容のドラマだったけど毎週楽しみに見ていたのを思い出します。
白檀
今でも何度も見てしまうのが、男たちの旅路です。特に車輪の一歩。
障害者をテーマにしたドラマですが、胸にズシンとくる。これはかなりの名作。出演者もとっても豪華。音楽もいいんだよね。ゴダイゴで。
ふぞろいも、何度も見たし。
両作品とも、大人になってから見たのだが、ハマった。流氷も好きだな。セリフも覚えてしまったくらい、何度も見た。
この方の小説も好きだ。
死人と過ごす話「異人たちとの夏」
若返る女を恋人に持つ話「飛ぶ夢をしばらく見ない」
背の高い女性と恋する話「君を見上げて」
この方の小説はとてもとっかかりやすく、読みやすい。お勧め。
さぁっと読めます。
飛ぶ夢~はややエ ロいかな。切ないしね。
痩せたなあ。画像の山田太一さん。もう83歳かあ。。
山田さん、沢山の感動をありがとうございました。
ちなみに岸辺のアルバムは高校の時、読書感想文のお勧め作品だった。不倫とか出てくるのに。
・・・・
この人の書くドラマ面白いから再放送とか
あると録画して観てます。
独特の言葉のやり取りが好きだなぁ~!
もう83才になるとは知らなかったです…。
名無しさん
諦めを知ることは自分が明らかになること…でも決してネガティブではない。病を得て初めて分かることもあるのでしょうね。ぜひ、そんなテーマの作品を見たかったなぁ。
pm
「岸辺のアルバム」は、単行本で読みました。もし自分の母親がこういう人だったら・・・と思うと穏やかではいられません。「異人たちとの夏」は、小説も読んで映画も見ました。主人公の風間杜夫さんも見ていて泣けるし、その父親役の鶴太郎さんも役にはまっていました。どちらも家族を題材にしていますが、普段思っていても言葉にできない、表に出しづらい言葉を、山田太一さんが代わりにおっしゃってくれているようでした。お体を大切にしていただきたいと思います。
名無しさん
いつも注目して観ていました。最近では「ありふれた奇跡」「東日本大震災2連作」抑えたトーンと独特の艶があり胸打つ作品でした。海外特派員協会の講演も印象に残りました。お身体のことを思うと寂しい限りです。叶うことならドラマ評論読んでみたいです。大切になさってください。
名無しさん
山田太一さんが届けてくれた良質なドラマを全てではないが、リアルタイムで触れた事は改めて考えると、とても幸せな体験だった。
本当にありがとうございました。
とにかく今はお身体をご自愛下さい。
名無しさん
「早春スケッチブック」が好きだなぁ。山崎努の鬼気迫る演技と素晴らしいセリフの数々。平凡な人代表の河原崎長一郎が自分とオーバーラップして・・・。
名無しさん
再放送で見た「想い出作り。」が山田太一氏の作品の中で一番好きです。
次点は「二人の世界」と「岸辺のアルバム」です。
調べてみると「二人の世界」も山田太一氏の作品だったのですね。竹脇無我さんと栗原小巻さんの台詞が爽快で素晴らしいと思っていたので納得しました。
山田氏には体調が落ち着いてきたら何らかの形で素敵な作品を残して戴くことを希望いたします。

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク